2009年9月6日日曜日

新潟2歳S展望 2009


現行の条件となってからの過去のラップタイムは以下の通り。

2008 12.5-10.6-11.6-12.5-12.9-11.7-11.1-12.5
2007 12.8-10.7-12.1-12.3-12.1-11.5-10.6-12.0
2006 12.8-10.8-12.4-12.7-12.6-11.2-10.8-11.9
2005 12.4-11.1-11.7-12.6-12.6-11.5-10.9-12.2
2004 12.8-11.2-12.2-12.6-12.3-11.1-10.3-12.3
2003 12.5-10.8-11.5-12.3-12.2-12.0-10.8-12.9
2002 12.7-10.9-11.6-11.9-12.0-11.5-11.2-12.0

過去7年のラップタイム
12.64-10.87-11.87-12.41-12.39-11.50-10.81-12.26
1.34.76




傾向
過去のラップタイムからは、前半ミドルペースから道中がかなり緩んで、
完全な直線勝負といったところで、この舞台ではやはり勝負所での切れ
&末脚の持続力が問われる。

脚質的には、道中でしっかりと脚を溜められる先行~好位の馬がまずは
中心となるが、それに加えて(この舞台だけに)差し~追い込み馬の
直線一気が決まることもしばしば見られる。

どちらにしても長い直線を凌ぎ切る(伸び切る)ためには、道中で
しっかりと脚を溜めることが重要となり、そこで中途半端に動く
ような馬ではなかなか難しい。


好走する条件
・切れ&持続力を持っていること


予想
一応OPであるダリア賞上位組も参戦しているが、それでもパフォーマンス
的にここへつながるような根拠に乏しいメンバーが集まった印象…。
(一応の裏付けが取れるのは上位2頭くらい)

◎サウンドバラッド
道中の水準が多少なりとも厳しくなった場合のパフォーマンスは未知数だが、
前走の内容であればここでもある程度楽に先行できるし、終いも十分残れる。
この馬の場合は前半と上がりに限れば根拠は十分。

○ブランビーブラック
上がりのスピードには不安は残るが、前走は前半~道中はここのレベルと
ほとんど変わらないくらいのものを示している。
スピードにさえ対応できれば地力の面では問題ない。

▲コスモセンサー
前半~道中は物足りないが、それでもこのコースを経験している馬の中では
1番まともな内容を示している。
叩いた効果への期待込みでの評価。

注プリンセスメモリー
道中の根拠は最早無いに等しいが、直線1000mを良い内容で勝ち切って
いるのだから、スピードに関しては問題はない。
あとは1400mなら大丈夫だった道中への対応次第では可能性はある。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事