2012年1月22日日曜日

平安S展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.1-11.4-12.3-12.3-12.7-12.4-12.8-12.5-13.0
2010 11.9-11.2-12.4-12.5-13.1-12.6-12.0-12.6-12.8
2009 12.3-11.2-12.4-12.8-13.0-12.7-12.5-11.7-11.8
2008 12.5-11.2-12.4-12.4-12.8-12.3-12.2-12.3-12.9
2007 12.3-11.5-13.4-12.9-12.1-12.2-11.8-12.3-12.5
2006 12.2-11.2-13.0-12.8-12.8-12.7-12.0-11.5-12.0
2005 12.2-10.7-12.8-12.4-12.8-12.7-12.1-12.2-12.4
2004 12.4-11.7-12.7-12.3-12.6-12.3-12.4-12.4-12.5
2003 12.2-11.5-12.3-12.0-12.2-12.2-12.0-12.3-13.0
2002 12.1-11.5-12.7-12.3-12.4-12.4-12.0-12.4-13.1

過去10年の平均ラップタイム
12.22-11.31-12.64-12.47-12.65-12.45-12.18-12.22-12.60
1.50.74




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はやや速いくらいの流れで、道中は少し落ち着く
展開になって、3コーナー辺りから徐々に加速しつつ、上がりはある程度速い
スピードを維持する形。

以前は道中が締まった展開になることが多かったレースだが、近年に関しては
道中で一旦息が入る形が多くなっていて、そこから上がりでのスピード持続力
勝負…というイメージ。

この展開では、(持続力を持っていることは条件になるが)道中で比較的楽を
しやすい先行馬が基本的には有利となり、極端に締まった形にならない限りは
差し馬がこれを覆すのはなかなか困難だと言えそう。


好走する条件
・持続力があること


予想
トウショウフリークが逃げて、それをエスポワールシチーが突いて行けば普通に
速くなるだろうが、馬場悪化によって、完全なハイペース持久力勝負というより
幾分かはフラットな展開に近づくはず。
そうなると、ある程度速い上がりに対応できることも一応重視したいイメージ。

◎エスポワールシチー
前走とは違って確実に速い馬場だし、さすがにここは勝ち切って欲しいところ。

○タガノロックオン
JDD、レパードS、シリウスSのどれも、基本的にこの馬が負けているのは
道中で溜めが入る展開ばかり。
逆にフラットに近い展開では全てしっかり勝ち切っていて、そう考えると今回は
好意的に捉えたい場面。
一線級に対してどこまで出来るかは微妙だが、この馬場なら…とも思える。

▲トウショウフリーク
前走の惨敗でとりあえず控えたところで何も良いことがない…というタイミング
なので、当然ハナに立つだろうし、後ろから圧力を掛けられたとしても、やはり
今の馬場であればマイペースの範疇に収まりそうな雰囲気。
一本調子のイメージなので上がりの心配はあるが、ここは残る方に考えたい。

注ヒラボクキング
基本的には溜め→切れというタイプで、締まった展開がどうか…という馬だが、
みやこSでは上位2頭に対して厳しい追い掛け方をしながら崩れてはいないし、
今回馬場悪化で、上がりの方に重点がズレることで前進もあるのかも知れない。
とりあえず感覚的には人気がなさ過ぎのイメージ。

△アドマイヤロイヤル
それまでの決め手だけでなく、前走ではしっかりと持続力を示した格好だし、
タイプ的にも距離延長という部分はおそらく問題ないはず。
さらに馬場悪化によるスピード勝負なら、むしろこれまで履歴が活きそう。

△スタッドジェルラン
速い馬場は得意なイメージだし、前掛かりな展開への適性も高くて、内枠から
上手く立ち回って来れば、ここでの浮上もあって良さそう。
少し不器用な印象もあり信頼まではしづらいが、可能性としては考慮したい。

△インバルコ
メンバー的にかなり厳しい展開もあり得て、昨年のように浮上する可能性も本来
ある場面だったが、馬場悪化によってスピードに偏った展開になることは確実。
そうなるとこの馬が間に合う…という気は正直しない。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事