2012年1月29日日曜日

京都牝馬S展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.7-11.0-11.7-12.4-11.9-11.5-11.2-11.3
2010 12.7-11.7-12.3-12.7-12.3-11.6-11.2-11.9
2009 12.2-11.4-11.8-12.2-11.6-11.8-11.5-12.6
2008 12.9-11.5-11.9-12.2-11.9-11.7-12.0-11.9
2007 12.5-10.9-11.4-11.9-11.5-11.1-11.9-11.8
2006 12.6-11.0-11.8-12.1-11.7-11.1-11.3-11.9
2005 12.8-11.4-12.5-12.7-12.1-11.4-11.1-11.0
2004 12.5-11.1-11.7-11.8-11.7-11.6-11.6-12.1
2003 12.2-11.3-12.0-12.5-11.9-11.4-11.4-11.9
2002 12.6-11.6-12.0-12.4-12.1-12.0-11.5-11.8

過去10年の平均ラップタイム
12.57-11.29-11.91-12.29-11.87-11.52-11.47-11.82
1.34.74




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半~道中がゆったりとした流れになり、3コーナーの
下り坂から加速して、ほぼ確実にラスト4Fで速いスピードを維持する形になる。

この展開だと何と言っても末の持続力が物を言い、上がり勝負ではあるものの
単純に決め手というよりも、レース後半で長い脚を使えることを重視したい。

脚質に関しても、この舞台では二の次という印象で、持続型の馬であればどの
ポジションからも満遍なく上位に来ていて、とにかくここでは展開と適性を
把握するところから…という感覚でよさそう。


好走する条件
・末脚の持続力があること


予想(時間もないので簡潔に)

◎ショウリュウムーン
近走は締まった展開でも崩れない地力を見せているが、昨年もここのゆったりと
した展開を突き抜けたように、やはりこの馬は究極決め手を発揮したいタイプ。
ここは期待できる。

○アスカトップレディ
前走は厳しい展開をしっかり浮上したし、ユートピアSのように溜め→切れも
発揮できるので、ある程度好位にいさえすれば自ずと結果は残せそう。

▲ビッグスマイル
極端な決め手を使えるタイプで、スロー想定なら当然浮上を考えたいが、前半or
道中で少しでも脚を使うと、途端に末に影響が出るタイプなだけに、信頼までは
なかなかしづらい印象。

注ドナウブルー
終いを伸び切れるかどうか…の問題はあるが、前走のように好位から決め手を
発揮する形であれば、この舞台ではやはり残りそうな雰囲気。

△レディアルバローザ
昨年は直線スムーズとは言えなかったので、本来はもう少し速い決め手も使える
とは思うが、やはりこの馬はある程度引っ張られてこそのイメージ。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事