2012年1月29日日曜日

根岸S展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.4-11.2-11.6-12.1-12.0-11.8-11.9 35.2-35.7
2010 12.4-11.5-11.7-11.8-11.8-12.0-12.5 35.6-36.3
2009 12.2-10.6-11.3-12.1-12.1-11.6-12.2 34.1-35.9
2008 12.2-10.7-11.4-12.0-11.9-12.0-12.5 34.3-36.4
2007 12.5-10.8-10.9-11.7-12.0-12.7-12.9 34.2-37.6
2006 12.2-10.8-11.6-12.1-12.3-12.2-12.5 34.6-37.0
2005 12.5-10.9-11.6-12.3-11.9-11.7-12.1 35.0-35.7
2004 12.3-10.9-11.6-12.1-12.3-12.1-12.7 34.8-37.1

過去8年の平均ラップタイム
12.34-10.93-11.46-12.03-12.04-12.01-12.41
1.23.21 34.73-36.46




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、4F目からほぼ一定のスピードを
刻むような展開で、最後が少し落ちる形。

この展開だと、まずはどの馬もある程度前半で引っ張られるので、当然持久力が
問われて、尚且つレース後半では長い脚が必要となるために、末脚の持続力を
持っていることも重要になる。

脚質的には、ちょっとした展開の違いで先行も差しも決まる舞台だと言えるが、
それよりもこれだけの厳しい流れなので、地の強い馬が順当に勝ち負けする
可能性の方が大きいように思える。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想(時間もないので簡潔に)
多少落ち着く可能性を考慮。

◎テスタマッタ
持続力では当然上だし、元々ダートでは短距離で極端な決め手を発揮…からの
馬なので、距離短縮も望むところ…くらいの扱いでいいはず。

○ダノンカモン
地力は当然高く、持続力も決め手も問題なく、展開には左右されにくい。
この実績でこの斤量なら、本来は勝ち切らなければいけない場面だが…。

▲シルクフォーチュン
東京ダ1400mの経験はないが、短いところでは基本的に持続力or決め手を活か
したいタイプなので、今回の舞台&(想定)展開に嵌る可能性はありそう。

注セイクリムズン
昨年勝ち切った時の内容は相当強いが、やや精彩を欠く印象の現状でその時程の
パフォーマンスを示せるかどうか。

△タイセイレジェンド
地力では周りと比べると少し劣る印象だが、好位からしっかりとした決め手を
使える…くらいの流れであれば、残る可能性は一応ありそう。

△ヒラボクワイルド
前走の内容は単純に強く、持続力も問題ない馬だが、展開的に決め手…の方向に
なった場合、少し不安を感じなくもない。

△セレスハント
ペルセウスSの内容は強く、可能性としては十分だが、基本的には厳しい流れで
こそという馬で、決め手を問われた場合の不安は結局残る。

☆ダイショウジェット
昨年も3着しているように、持ち前の持続力を活かしての浮上もあり得るが、
その時も上位2頭とは差があったし、今年はさらにメンバーが強化されている
という状況。掲示板までが妥当。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事