2013年1月12日土曜日

フェアリーS展望 2013


過去のラップタイムは以下の通り。

2012 12.3-11.7-11.7-12.1-12.5-12.2-11.5-11.5
2011 12.3-10.6-11.1-11.1-12.0-12.2-11.9-12.5
2010 12.3-10.6-10.9-11.2-11.8-12.6-12.4-13.0
2009 12.8-11.6-12.0-12.2-12.3-12.2-11.4-12.0

過去4年の平均ラップタイム
12.43-11.13-11.43-11.65-12.15-12.30-11.80-12.25
1.35.13




傾向(過去記事の一部修正)
条件変更後4回のラップタイムからは、超ハイペース戦が2回、道中少し落ち
着く形のミドルペース戦が2回というパターンに、今のところ綺麗に分かれて
いて、正直発走してみなければ分からない部分が多い。

ただしこのコース自体は(向こう正面の下り坂の影響で)前半~道中が締まった
流れになりやすい舞台なので、道中極端に緩むパターンまで想定するよりかは、
両者の中間くらいのフラットな展開あたりに基準を置いておいた方が良さそうな
気はする。

したがって適性的にも、ある程度のスピードに耐えられる…ということをまずは
基本として、そこに先行力や機動力などの、この舞台に嵌りそうな部分をプラス
出来るタイプを選びたい。


好走の条件
・スピード持続力があること


予想

◎サンブルエミューズ
前走はかなりのハイペースにしっかりと引っ張られ、道中もある程度攻めた内容
だったので、最後脚が上がったのは仕方がない。それでも良く残っている方。
とりあえずここは巻き返しが期待できる場面だと言えるし、単純に裏付けで考え
ても、普通に上という扱い。期待しておきたい。

○ウインプリメーラ
前走、前々走では、前半かなり脚を使う形からでも最後はしっかりまとめている
内容を示しているし、新馬戦のように溜めればしっかりと脚も使える。
今回も積極策というのならば、とりあえずは東京から中山に替わることはプラス
だろうし、ここは粘り込んで当然くらいに思える。

▲スズノネイロ
前走は、内容自体もまずまずの水準で、直線では狭い所をこじ開けた格好で抜け
出す…という競馬をしており、見所は一応ありそう。
走法的には、距離延長してそこまで味があるか…と言われれば微妙だが、ここで
前進する可能性はあっても良さそう。

注モンサンスピカ
前走は積極策から最後しっかり失速という結果には終わっているが、着順ほどに
タイムで負けている訳ではないし、内容的にもこのメンバーで横の比較をすると
何だか普通に上位に見える。
それで単勝100倍台というのなら、とりあえずは注目しておきたい感覚。

△イリュミナンス
新馬戦は、スローな流れを好位から早々と抜け出して突き放す…という内容で、
裏付けとしてはさすがに薄いものの、一蹴りの力強さというのは一応感じた。
ここでもっと高い評価をするには、結局は根拠が足りないので難しいが、克服
する可能性というのも、否定するだけの根拠は特にない…。





スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。