2013年1月27日日曜日

根岸S展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.5-11.2-11.6-12.1-12.1-11.8-12.2 35.3-36.1
2011 12.4-11.2-11.6-12.1-12.0-11.8-11.9 35.2-35.7
2010 12.4-11.5-11.7-11.8-11.8-12.0-12.5 35.6-36.3
2009 12.2-10.6-11.3-12.1-12.1-11.6-12.2 34.1-35.9
2008 12.2-10.7-11.4-12.0-11.9-12.0-12.5 34.3-36.4
2007 12.5-10.8-10.9-11.7-12.0-12.7-12.9 34.2-37.6
2006 12.2-10.8-11.6-12.1-12.3-12.2-12.5 34.6-37.0
2005 12.5-10.9-11.6-12.3-11.9-11.7-12.1 35.0-35.7
2004 12.3-10.9-11.6-12.1-12.3-12.1-12.7 34.8-37.1

過去9年の平均ラップタイム
12.36-10.96-11.48-12.03-12.04-11.99-12.39
1.23.24 34.79-36.42




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、4F目からほぼ一定のスピードを
刻むような展開で、最後が少し落ちる形。

この展開だと、まずはどの馬もある程度前半で引っ張られるので、当然持久力が
問われて、尚且つレース後半では長い脚が必要となるために、末脚の持続力を
持っていることも重要になる。

脚質的には、ちょっとした展開の違いで先行も差しも決まる舞台だと言えるが、
それよりもこれだけの厳しい流れなので、地の強い馬が順当に勝ち負けする
可能性の方が大きいように思える。

ただ近年に関しては、前半が少し落ち着く傾向が出てきているので、マイラー
タイプが、しっかりとした決め手を使って浮上する可能性…という点は一応考慮
しておきたいところ。
そして今後どのような傾向になるのか…にも注目していきたい。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎エーシンウェズン
霜月Sの内容は、最近に限って言えば、1枚上くらいのパフォーマンス…という
扱いになるし、持続力という点ではかなり信頼できそう。
前走では、中山のハイペースでもしっかり浮上出来たので、地の強さという部分
でも問題ないだろうし、展開によらずに、直線では見せ場を作れそう。
人気でもここは素直に期待したいイメージ。

○ダノンカモン
単純にこの舞台でのパフォーマンスで考えれば、2年前の根岸S2着が、この
メンバーでは普通にトップレベルの内容だと言えるし、重賞では"勝ち切らない"
というこの馬の特徴が、ここでは最早"強み"になっていて、毎年据え置きの斤量
ならば、当然上位評価にはなる。
あとは今回外国人Jが跨って、今更ではあるが、変わり身を見せられれば…。

▲ガンジス
この馬に関しては、もっとハイペースでしっかり引っ張られてどこまで…と常に
思うのだが、なかなかそれを確認できる瞬間が訪れない…。
本来この舞台ならばそこを疑って静観…という手もあるのだが、近年の傾向から
言えば、普通に持続力を活かせる展開になる可能性も高いし、結局は半端な上位
評価というところに落ち着いてしまう…。積極的には肯定も否定もしない。

注ストローハット
前走、前々走と、それぞれの舞台としては落ち着いた流れになり、掲示板までの
結果に終わっているが、この馬の場合、馬体や走法などから、ユニコーンSの
ように、スピードに耐えられるかどうか…という戦いの方が結果を伴いそうな
イメージで、ここでしっかり引っ張られれば前進があっても良さそうな雰囲気。
展開次第ではあるが、勝ち負けを演じる可能性まで考慮しておきたい。

△スティールパス
前走は休み明けでの切れ勝負で、ほとんど何もしていないような内容だったが、
元々立夏Sなどでは、ここでも十分出来ていいくらいのパフォーマンスは示して
いるし、叩き2走目の上積み込みで、可能性としては考えておきたい。
とりあえず、この人気は不当に低く感じる。注目しておきたい。

△トウショウカズン
前走は展開的には恵まれた格好だが、間隔が空いた状態ではあったので、結果
自体はしっかり評価していいはず。
極端にペースが速くなってどうか?というのはあるが、昨年もここでは持続力
勝負をしっかり2着している訳だし、上積み込みで一応期待はできるはず。

☆テスタマッタ
地力は当然上という馬だし、適性的にも当然上位浮上はあっていいはず。
それでも中央でしっかりG1を勝ち切って、今回は未知の斤量を背負う訳だし、
昨年の3着以上の結果を期待するのはどうか…という気持ちにはなる。

☆タイセイレジェンド
パフォーマンスとしては、この舞台では十分高いものを示しているが、G1馬に
なり、一気に斤量を背負う立場になって、人気的にもスルーされる…というのは
仕方のないところ。可能性として考慮はするが、期待まではやはりしづらい…。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。