2013年1月27日日曜日

シルクロードS展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.0-11.0-11.1-11.0-11.3-11.9 34.1-34.2
2011 12.5-11.0-11.3-11.1-10.9-11.4 34.8-33.4
2010 12.2-11.1-11.1-11.2-11.0-11.5 34.4-33.7
2009 11.9-10.8-10.9-11.0-11.7-12.2 33.6-34.9
2008 12.3-10.6-10.8-11.2-11.9-12.3 33.7-35.4
2007 12.0-10.7-10.8-10.7-11.2-12.4 33.5-34.3
2006 12.2-11.1-11.1-11.0-11.5-12.0 34.4-34.5
2005 12.3-10.7-10.9-11.2-11.3-11.7 33.9-34.2
2004 12.5-10.8-11.1-11.1-11.2-11.9 34.4-34.2
2003 12.6-10.9-10.8-11.2-11.1-12.0 34.3-34.3

過去10年の平均ラップタイム
12.25-10.87-10.99-11.07-11.31-11.93
1.08.42 34.11-34.31




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半は極端に速くはならないものの、4F目までなかなか
スピードが落ちずに速いラップを刻むような展開で、その後は右肩下がりの形。

ここではスタート直後がそれほど速くならず、前後半イーブンに近い流れになる
ので、単純に上がりの性能が問われるレース…とも思えるのだが、3コーナーの
下り坂の影響を受けてペースの落ち着く場面がないため、一定以上のスピードに
"居続ける"ための持続力が、強く問われることになる。

脚質的には、先行&差しだけではなく、(この時期の馬場なので)前半を完全に
受け流して決め手に賭ける馬まで十分届く可能性もあるが、それを考える前に、
(地力はもちろんだが)京都向きの持続力という、適性面の裏付けだけはやはり
取っておきたいイメージ。


好走する条件
・スピード持続力があること


予想

◎サドンストーム
前走は、まだまだグリーンベルトが残っている馬場の中、終始外々を追走した
格好で、それでも直線では1頭違う脚を見せていたという点で、好位の内目から
粘り込んだ上位2頭よりも評価できるし、1つの格を感じさせる内容だった。
当然その時よりも今回の方が差しやすくなっているはずだし、素直に前進に期待
したいイメージ。

○ドリームバレンチノ
スプリンターズSでは、速いペースに引っ張られても、上がりでしっかりとした
脚を使える…というところを見せて、1枚上の持続力を示した格好。
少し間隔が空いた状態は気になるものの、決め手という方向になっても問題ない
馬だし、ここはやはり上位評価にはしておきたい。

▲ダッシャーゴーゴー
持続力とか決め手という方向では当然トップクラスの馬だし、毎年出走していた
オーシャンSと比べれば、こちらの方が確実に適性が嵌るはず。
かなり背負う立場ではあるが、この斤量でも好走の経験はある訳だし、ここでは
一応しっかり注目をしておきたい感覚。

注スギノエンデバー
基本的には、前半速く、終いがしっかり掛かる展開で、自身は前後半をイーブン
くらいの内容で浮上したい…という地力差しタイプだが、決め手自体はしっかり
示しているし、上がりに賭ける競馬で浮上する可能性はあって良さそう。
とりあえず地力&臨戦過程的に、昨年からの前進はあっていいはず。

△マジンプロスパー
パワーの必要な馬場で、地力勝負がしたい…というタイプで、本質的には京都に
ピッタリ嵌るという訳ではないのだが、一応は程々のペースでの持続力…という
部分で、今の時期ならば可能性としてはあっても良さそう。
前走叩いての上積みという部分も、とりあえずは見込めるはず。

△ニシノビークイック
地力…という点では、このメンバーの中では裏付け的に少し足りない印象だが、
この舞台で示せそうなパフォーマンス…ということで考えたら、道頓堀Sの内容
ならば、普通に浮上出来て良さそうなイメージ。
斤量的にも有利な立場ではあるし、ここは少し注目してみたい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事