2013年4月7日日曜日

桜花賞展望 2013


予想
(後付けで気づいた場合も含めて)例年で言えば、桜花賞上位に来る馬たちには
データ的にある程度ハッキリとした型があって、予想の手順としてはそこに該当
した馬の中から、示している水準や、枠&展開などを考慮して決めればいい。

しかし今年の場合、しっかりその型に当てはまっている馬は存在せず、辛うじて
チューリップ賞でのクロフネサプライズがそれに近い内容を示しているだけ。
(しかも展開を考えると、ここでの再現性は低そう)
予想するにしても、最初の段階で躓いた感覚…。

となると、例年とは全く違う桜花賞を想定して、異なった適性の馬を選ぶのか、
それとも現段階で裏付けは不足していても、例年通りの適性を、少しでも本番で
示す可能性がある馬を選ぶのか…とても悩ましい。

…と、やってみなければ分からない部分で思考停止しても意味はなく、決断。
⇒後者。(終わってみれば例年通り…希望)


◎コレクターアイテム
勝負所での一瞬の切れ…という部分には問題があるが、ここで必要になるのは、
もう少し総合的な意味での決め手、破壊力という要素。
とりあえず前走の33.4秒の上がりで浮上できない展開とかは関係なくて、それを
度外視すれば、イメージ的にここに合ったパフォーマンスを示す可能性が十分。
クイーンCと阪神JFの中間くらいの(例年通りの)展開を期待したい。

○クロフネサプライズ
阪神JFのハイペースを粘り込み、チューリップ賞の一定の道中→決め手を発揮
する展開も勝ち切ったことを考えれば、適性的にとりあえず穴はない。
当然ここでも残る方向で考えたいが、さすがに今回は他の馬の目標にはなるし、
勝ち切れるかどうかで言えば、少し難しい立場…であることは間違いない。
何かしらには差される…という想定としたい。

▲クラウンロゼ
地力という部分での雰囲気はかなり持っている馬で、前走で少し控えた競馬から
勝ち切ったことはプラス。
それでも結局は、(3走中2走が中山だとしても)ここで必要な水準の決め手は
示しておらず、ここで新たな一面を見せれば…という扱いにはなる。
もしくは例年とは全く違う桜花賞ならば…。

注トーセンソレイユ
前走は最後の最後を伸び切って勝利し、見た目のインパクトはあったが、例えば
同じくエルフィンSからここへ駒を進めたマルセリーナと比べてみると、前半~
道中が数枚劣る内容。つまりここではパフォーマンスの大幅更新が必要。
それでもその可能性…ということであれば、否定し切れない部分は一応ある。

△レッドオーヴァル
前走は状態も微妙で、展開的にも不利な立場ではあったが、パフォーマンス的に
ラストの部分がさすがに物足りない印象。
距離にも慣れ、鞍上も強化されて…と、ここで前進する要素もあるにはあるが、
強く推すところまでの気持ちにはどうしてもならない…。

△アユサン
切れはあるし、適性的にここの"型"に嵌る可能性は十分ある馬だが、これまでの
経歴から言えば、格が上がると末が削られる…という地力の問題が少しある。
とりあえず前走のような積極策ではおそらく厳しくなるので、末に賭ける形から
そこそこの着に浮上…くらいが妥当。

△ローブティサージュ
G1勝利で一定の地力は当然示している馬ではあるが、とりあえず決め手という
方向では少し不安がある。
ある程度内目の枠にも入ったことだし、積極策から粘り込むという形であれば、
上位に残る可能性も…といったところ。





スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。