2013年4月21日日曜日

フローラS展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.9-11.8-12.0-12.5-12.9-13.1-12.7-11.4-11.2-11.5
2011 12.5-11.3-11.9-12.0-12.7-12.7-12.4-12.0-12.8-13.0
2010 13.0-11.6-11.9-11.6-12.5-12.5-12.3-11.6-11.4-11.8
2009 12.6-11.6-11.8-12.1-12.5-12.6-12.7-12.1-11.7-12.5
2008 12.7-11.7-11.7-12.3-12.7-12.2-12.1-11.3-11.3-12.5
2007 12.7-11.8-11.9-12.0-12.5-12.2-12.2-11.4-11.6-12.5
2006 13.0-12.0-12.1-12.2-12.2-12.5-12.2-11.8-11.5-12.2
2005 12.9-12.1-11.4-12.1-12.9-12.7-13.0-11.7-11.3-11.7
2004 12.7-11.6-12.2-12.2-12.7-12.5-12.5-11.7-11.3-11.7
2003 12.8-10.7-11.4-12.5-12.8-12.2-12.4-11.4-12.1-12.3

過去10年の平均ラップタイム
12.78-11.62-11.83-12.15-12.64-12.52-12.45-11.64-11.62-12.17
2.01.42




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半ミドルペースくらいの流れから、道中はさすがに
落ち着く展開になり、ラスト3Fで一気に加速して、最後だけ少し落ちる形。

ここでは、4F目までがなかなかスピードが落ちないことから、一定の持久力は
やはり問われて、それを前提として、勝負所での一気の加速に対応するための
切れが必要になる。
またそこからゴールまでが長いということもあり、末の持続力がなければ最後
まで伸び切ることができない。

脚質的には、抜群の決め手を備えた馬がまとめて差し切るという可能性も十分
あり得るが、開幕馬場と息を抜ける展開を考えたら、やはり好位から進めて
最後まで持続できるようなタイプの方が信頼度は高そう。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること
・一定の持久力


予想

◎デニムアンドルビー
前走で示した性能。前々走で示した一定の地力。
ここの前半部分で一応引っ張られる展開や、しっかりとした脚が問われる上がり
などに対する裏付けとして、とりあえずは1つ抜けたものを示している。
重賞を連続して上位…という馬が複数いる中、普通に人気してしまっているが、
ここは素直に期待しておきたい。

○エバーブロッサム
前走で示した性能。前々走で示した一定の地力。
同じディープ産駒で(パフォーマンス的な)経歴が似通っていて、こちらも十分
可能性は感じるが、実際に示している裏付けでは、一応相手の方が一枚上という
ことになっている。2番手評価にはしたが、当然注目はしておきたい。

▲スイートサルサ
決め脚には相当なものがあり、とりあえず適性的には上位扱いでいいはず。
裏付け的には、純粋な持久力という部分でまだ未知数なところはあるが、一応は
今回、それを示してもよさそうなイメージはある。
内枠にも入ったし、少なくともそれなりに浮上はしてきそう。

注イリュミナンス
一定の決め手も地力も示しているし、馬体に関しても十分…とは思える馬だが、
走法を見ると、このまま結果を残し続けるとはどうしても思えない…。
それでも今回に関しては、体力勝負という要素が入って、条件的な前進も見込め
そうだし、とりあえず上位には残りそう。楽観も悲観もしない。

△ブリュネット
前走では一定の地力を示した格好で、単純なパフォーマンス比較では普通に上位
扱い…ということになる。
走法的に、前半部分であまり脚を使う形になるとどうか…とも思うが、開幕馬場
ならば、それなりに残れても良さそう。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事