2013年4月14日日曜日

皐月賞展望 2013


予想
有力馬がいることはいるが、何だか微妙…な年。
とりあえずの第一感は、馬柱の通過順に一桁台前半の数字が並んでいる馬が多い
…といったところで、しかもその中に上位人気の3頭が含まれているというのは
→最早ハイペース差し決着ということでいいのでは?という感覚。

◎カミノタサハラ
弥生賞は自ら積極的に仕掛けて、ロングスパート戦を外からしっかり差し切った
…という内容で、一定の地力と持続力を示した格好。
コーナー加速という部分はほとんど期待できないタイプで、勝負所での機動力が
問われる皐月賞のイメージとは少しズレるが、前掛かりの展開で、前がある程度
止まる…という想定の今回は、中団あたりからならば十分届いても良さそう。

○クラウンレガーロ
若葉Sは、道中かなり締まった展開を好位から進めて、直線でもしっかりとした
脚で伸びた(粘り込んだ)という内容で、高い持続力を示した。
一応厳しい展開を想定した今回は、好位のポジションにこだわり過ぎなければ…
という条件になるが、その点、三浦Jには信頼できそうなイメージはある。
周囲の早仕掛けを受け流し→結果、好位差しくらいの競馬になっていれば。

▲ロゴタイプ
タイプ的にはスピード(持続)の方に寄り過ぎな印象はあるが、イメージ的には
1800mが精一杯というスケールでもない。
今回は、適性的に前進…という訳にはいかなさそうで、展開的にもハイペースに
巻き込まれて押し切れない…という想定ではあるが、この馬に関しては、崩れる
という感覚にはどうしてもならない。

注レッドルーラー
3走前の一定水準の道中→決め手、2走前の持久力、前走の持続力…という点で
裏付け的には本命にしてもいいと思える馬だし、実際にもかなり迷った…。
それでもタイプ的に、内を捌いて…という競馬が出来るイメージでもないので、
内枠発走→最後方あたりから大外を回す格好になりそうな今回は、結局は最後の
最後少しだけ届かない…という雰囲気。悩ましい…。

△コディーノ
一定の持久力も持続力も切れも示していて、積極的に下げる要素はないのだが、
走法的な部分から、皐月賞を押し切るイメージにはどうしてもならない。
今回想定のハイペース自体は、横山Jがしっかり受け流すだろうから、おそらく
問題にならないが、それでも浮上した時点で前に2~3頭程いそうな雰囲気。
ここで3着くらいならダービーでもう1度考えたい…という感覚。

△インパラトール
前走は休み明けの状態で、道中かなり締まった展開をかなり積極的に仕掛けて、
最後も一応伸びて来た…という内容で、一定の地力は示した格好。
"スケール感"的にもう少しゆったり走れれば…とも思うが、前走で1度叩いての
上積みを考慮すれば、ここでもある程度浮上できて良さそう。
結果的に中途半端な6番手評価だが、しっかり注目はしたい。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事