2013年4月20日土曜日

福島牝馬S展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.4-10.6-11.0-12.1-12.1-12.4-12.3-11.5-11.7
2011 12.2-10.9-11.8-12.4-12.3-11.8-11.4-10.7-11.9 新潟開催
2010 12.6-10.8-11.9-12.7-12.3-11.9-12.2-11.7-12.8
2009 12.9-12.1-13.0-13.6-12.6-12.3-12.1-12.1-13.0
2008 12.4-11.4-11.8-12.3-12.0-11.5-11.6-11.7-12.4
2007 12.3-10.3-11.2-12.0-12.2-12.5-12.3-11.6-12.2
2006 12.4-11.1-11.6-12.5-12.1-12.1-11.9-12.1-12.7
2005 12.6-11.8-13.0-13.1-12.5-11.8-11.4-11.4-11.8
2004 12.4-10.8-11.3-11.1-11.4-12.1-13.1-12.2-12.2

過去9年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.50-11.11-11.85-12.43-12.15-12.08-12.11-11.79-12.35
1.48.36




傾向(過去記事に一部加筆)
過去のラップタイムを見ると、極端なスローペースから極端なハイペースと
様々で、展開的には特にバラつきが大きくなっている2~4F目のペースに
かなり左右される。

それでもレース後半は、ある程度締まった流れからロングスパートの形に
なることが多くて、このコースらしく切れというよりも持続力が重視される
ことは間違いない。

したがってまずは長い脚を使えるタイプを中心に据えて、出走メンバーから
予想されるペース次第で、持久力&脚質を考慮したいところ。

またこのレースは、G1の前哨戦という位置付けのためか、ローカルの牝馬戦
…のイメージとは違って別定戦なので、実力のあるタイプが結局は上位に浮上
しやすい…ということは1つ言えそう。


好走する条件
・持続力があること


予想
メンバー的には、かなりゆったりと流れそうな雰囲気。
持続力があることを当然前提としつつ、ある程度の決め手を発揮できるタイプを
中心に考えたいところ。

◎マイネイサベル
一定の持続力と決め手を備えていて、前半さえゆったりと入れれば、1800mでは
無敵…というくらいに、脚の使い方的に相当嵌る印象。
今回は斤量を背負う立場ではあるが、展開的にはこの馬に向いた形にはなりそう
だし、中途半端な人気に落ち着くようなら、敢えて強気に推す選択肢もある。
期待してみたい。

○アロマティコ
道中からしっかりと脚を使いつつも、速い上がりを示せる馬で、ここで1枚上の
決め手を発揮する可能性もあるが、位置取り(前半のペース)的にはどうしても
信用には欠ける。
福永Jに替わって違う一面を見せれば完勝もあり得るが、評価としては2番手。

▲オールザットジャズ
前走から-2kg、勝ち切った昨年と同じ斤量で出走できて、ゆったりとした流れを
想定した中で、有力馬の中では比較的前につける可能性が高い…条件は揃った。
それでも決め手という方向を想像した場合、上の2頭がこの馬を上回る…という
(個人的な)イメージが最終的に勝った。残念。

注オメガハートランド
本来ならばこの舞台にはかなり嵌りそうなタイプだが、今回は間に合うかどうか
…という部分は当然ある。
それでも、常に少しだけ届かない印象から、2度目の騎乗で鞍上が積極的に行く
可能性もあるし、この馬に関しては流れよりも適性を重視して注目してみたい。

△フェータルローズ
一定の持続力は示していて、それなりに好位から進められる…という強調点は
一応あって、ある程度残る可能性はあって良さそう。
ただし、それを普通に上回る決め手を発揮しそうな馬がいる今回は、さすがに
これ以上の評価にはしづらい…といったところ。

△アカンサス
持続力があり、それなりに上がりもまとめることは出来るが、今回出走している
同じように長い脚が使える差し馬の中では、いざ!という時の決め手で少しだけ
分が悪いイメージ。
今回は、そこそこの着に浮上してくる…という扱いに止めたい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事