2013年9月22日日曜日

神戸新聞杯展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.6-10.7-12.7-12.4-12.3-12.5-12.6-12.0-11.6-11.7-11.6-12.5
2011 12.9-11.9-12.4-12.9-13.4-13.7-12.9-12.7-11.9-11.2-10.6-11.8
2010 13.0-11.5-13.2-12.9-12.5-12.2-12.7-12.1-12.0-11.6-10.6-11.6
2009 12.6-10.8-12.1-12.5-12.3-12.2-12.7-12.4-12.1-11.3-11.5-11.7
2008 12.9-11.4-12.3-12.5-12.2-12.4-12.4-11.9-11.6-11.2-11.9-12.6
2007 12.5-10.8-12.2-11.7-11.6-12.5-12.8-12.8-12.4-11.4-11.4-12.6

過去6年の平均ラップタイム
12.75-11.18-12.48-12.48-12.38-12.58-12.68-12.32-11.93-11.40-11.27-12.13
2.25.60




傾向(過去記事の転載)
過去の平均ラップタイムを見てみると、前半はミドルペース~やや速いくらいの
流れで、道中は一旦落ち着く形になっているものの極端には緩まない展開、その
後は3~4角で徐々にペースアップしつつ、ラスト3Fで一気に加速する。

この距離なので、道中じっくり進める形からの上がり勝負…という雰囲気だが、
一線級が基本的にしっかり勝つレースだけあって、その水準自体は低くない。
つまりこの舞台で、勝負所までしっかり余力を残すためには、長い道中で如何に
無駄脚を使わないかが重要で、結果的に高い持久力が問われることになる。

また上がりの部分では、展開的にしっかりとした加速が入るので、そこで置かれ
ないための切れは当然必要で、さらにラスト3Fから全開…という形になっている
ために、そこから長い直線を最後まで伸び切れるかどうか…という点も、勝敗を
分ける要素にはなりそう。


好走する条件
・高い持久力が必要
・切れ&(トップスピードの)持続力があること


予想

◎エピファネイア
春のG1で地力は十分に示したし、元々真っ直ぐ走ってしっかりとした決め脚を
使える形で強いタイプなので、この舞台は合うし、他とも差をつけやすいはず。
イメージ的に、本番に関しては今のところかなり迷うが、ここでは問題はない。
大人気でも素直に期待しておきたい。

○バッドボーイ
タイプ的に少し不器用な印象があり、スピードで急がされたり、コーナリングで
差がつくような舞台では難しくて、基本的には直線の長いコースでこそ。
馬体的にも、今までは少し持て余し気味にも見えたので、道中の絶対的な水準が
下がる距離延長は、パフォーマンス更新の可能性がありそう。注目したい。

▲サトノノブレス
元々若葉Sなどの厳しい展開でも崩れない地力を示している馬だし、馬体的にも
じっくり加速できる直線の長いコースの方が合いそう。
また前走からは、春と比べてゆったりした雰囲気になっているようにも感じて、
この距離で水準が上がっても十分に決め手を発揮できそう。

注ヒルノドンカルロ
タイプ的に切れは期待できそうにないが、道中抜群に雰囲気を感じさせる馬で、
純粋な持久力の戦いならば、このメンバーでもある程度威張れて良さそう。
最終的には地力と決め手を併せ持ったタイプに当然差されると思うが、もし今回
それなりに格好をつけられるのなら、本番でも面白い存在にはなりそう。

△マジェスティハーツ
タイプ的にここまで距離が伸びてどうか…というのはあるが、ある程度の水準の
道中→決め手を発揮する形は合っていて、ここの展開自体は嵌りそう。
あとは道中を上手く誤魔化して、純粋な持久力の部分を克服できれば、上位浮上
…という可能性も十分ありそう。

△ラストインパクト
極端な切れはないが、一定の地力と決め手という部分で十分上位扱いはできる。
ただし胴長のタイプではなく、走法もそれ程ゆったりしている訳ではないので、
この段階にまでなると、単純に距離適性で上位…とはならなさそう。
可能性はもちろんあるが、感覚的には強くは推しづらい。

△テイエムイナズマ
ゆったりとした走り方をするタイプで、基本的にこの距離は走りやすそうだし、
実際、ダービーではまずまず高いレベルの内容を示している。
しっかりとした決め手を発揮する…という適性ではないので、勝ち負けまでの
イメージには正直ならないが、この馬自身は確実に浮上はしてきそう。

△タマモベストプレイ
基本的にはここの緩急のつく展開よりも、もう少し短い距離の持続力勝負でこそ
…というタイプで、本来ならば"☆"くらいの扱いにして「静観。」とか書きたい
ところなのだが、今年のメンバーだと地力で何とかなってしまう可能性がある。
さすがに積極的には推せないが、否定まではしない。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事