2013年9月1日日曜日

小倉2歳S展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 11.8-10.1-10.8-11.5-11.8-11.9 32.7-35.2
2011 12.0-10.3-11.1-11.6-11.8-12.0 33.4-35.4
2010 11.8-10.4-10.9-11.6-11.9-12.1 33.1-35.6
2009 12.1-10.4-11.3-11.5-11.8-11.9 33.8-35.2
2008 11.9-10.2-11.1-11.9-11.6-12.4 33.2-35.9
2007 11.8-10.4-11.3-11.6-11.5-12.7 33.5-35.8
2006 11.5-10.1-10.9-11.4-11.6-12.9 32.5-35.9
2005 11.8-10.7-11.1-11.0-12.1-12.4 33.6-35.5
2004 11.9-10.5-11.0-11.2-11.7-11.9 33.4-34.8
2003 11.7-10.2-11.0-11.8-12.5-12.1 32.9-36.4

過去10年の平均ラップタイム
11.83-10.33-11.05-11.51-11.83-12.23
1.08.78 33.21-35.57




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速く、2F目以降はほぼ一直線にラップが
落ちていく、完全な前傾レース。

このレースの特徴はとにかく前半の速さだと言えて、単純に平均タイムでは
古馬上級クラスと比べても遜色ないくらいのペースで流れていて、そうなれば
当然最後は持久力勝負という形になる。

脚質的には、厳しい流れでも、それ故に後続の脚も残らないという形で、結局は
好位の馬が押し切ることが多くなっていて、ある程度は前に行けるスピードも
重視しておきたいイメージ。


好走する条件
・先行力&持久力があること


予想
とりあえず今回のメンバーに関しては、前走までに好内容を示してこの舞台へ
駒を進めた馬が例年以上に多いイメージ。
当然そこからの上積み勝負…という雰囲気にはなるのだが、その意味ではやはり
パフォーマンス更新の可能性が高い新馬戦からの直行組に注目はしたい。

◎ベルカント
新馬戦の内容が、全メンバーの履歴の中でもナンバーワン争い…という好内容。
2戦目のここは当然、大きな上積みを示す可能性が十分にあるし、早速人気には
なっているが、素直に期待してみたい気持ち。

○シゲルカガ
ベルカントと比較すれば少し落ちるが、新馬戦はまずまずの内容を示していて、
例年であれば、パフォーマンス更新込みで十分ここで上位争い出来るレベル。
大外枠発走からしっかりと位置取りを取れれば。

▲マイネヴァリエンテ
前走の未勝利戦の内容が今回の全馬、全レースの中でのベストパフォーマンス。
ただしそれを示したのが「未勝利戦」というのが問題。
そこから更なる上積みがあれば、勝ち切る可能性も当然ある。

注ウメ
新馬戦は、かなり前傾の展開を好位から押し切る強い内容。
そこからしっかりとパフォーマンスを更新できれば、十分上位争い可能なはず。
当然注目はしたい存在。

△エイシンキサナドゥ
上の4頭と比べれば、僅かながらパフォーマンス的には下になるが、それでも
新馬戦の内容からの上積みがあれば、ここで出来る可能性は十分ある。
かなり大型の馬なだけに、その点で高い期待が持てる…と言えるのかも。

△ベルルミエール
この馬も前傾の新馬戦をしっかりと押し切って、十分な地力を示している。
単純なパフォーマンス比較から6番手とはなったが、上積み次第では当然、より
上位に食い込む可能性は十分にありそう。

△ハッシュ
前走の内容から、単純に考えれば4番手扱いでもいいくらいのレベルではあるの
だが、それを示したのが未勝利戦なだけに、そこからの上積み…という意味では
やはり他の馬と比べると不利にはなる。もちろん可能性としては考えたい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事