2013年9月28日土曜日

シリウスS展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.5-11.3-11.9-13.9-12.2-12.1-12.4-12.2-12.1-12.7
2011 12.6-11.2-11.2-13.6-13.2-13.1-12.8-12.1-11.7-12.8
2010 12.8-11.4-11.6-13.7-12.5-12.8-12.6-12.3-11.6-13.1
2009 12.6-11.4-11.7-13.8-13.1-12.5-12.2-12.4-12.3-12.5
2008 12.2-10.9-11.0-13.7-13.1-13.2-12.3-12.5-12.3-12.6
2007 12.3-11.2-11.0-14.2-13.8-13.0-12.4-12.4-12.0-12.8

過去6年の平均ラップタイム
12.50-11.23-11.40-13.82-12.98-12.78-12.45-12.32-12.00-12.75
2.04.23




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半が相当に速くなっていて、道中はコーナー部分で
一旦しっかり緩んだ後、徐々に加速していく展開で、ラスト4Fからある程度速い
ラップを刻んで、最後だけ少し落ちる形。

ここの特徴はとにかく前半の速さで、その部分でかなり引っ張られることから、
後半に余力を残すためには高い持久力が必要になり、上がりの部分に関しても、
ある程度長い脚が必要な形になっているために、末脚の持続力が問われる。

またレース全体の展開で言えば、道中が落ち着いてから上がりでしっかり加速…
という形なので、"溜めが効く"というのも1つの重要な要素になり、スピードに
偏ったマイラー的な強さを示している馬の扱いには、少し注意しておきたい。


好走の条件
・高い持久力があること
・末脚の持続力が必要


予想

◎ケイアイレオーネ
大型のゆったりしたタイプで、コーナーのキツい新潟では効率が悪そうな雰囲気
だったし、とりあえず広いコースに替わることはプラス。
適性的にも、一旦落ち着いてから徐々にペースアップする形で、純粋な持久力を
活かしやすいここの展開にはしっかり嵌りそう。
中団からキッチリ流れに乗れれば、自然と浮上しそうなイメージ。

○ナイスミーチュー
昨年ここを勝ち切っているように、前半で引っ張られつつ上がりでしっかりした
脚を使う形は得意で、裏付け的には当然の上位扱い。
この舞台では道中はともかく、前半部分が極端に遅くなることはまずないので、
とりあえずこの馬が浮上出来ない展開は考えづらい。その点、信頼はできる。

▲サトノプリンシパル
ここ2戦は、前半ある程度脚を使う形から溜め→切れを発揮して好走していて、
ここのリズムには合っていそう。
イメージ的には、スピード耐性の部分がもう少しだけ問われた方が力を発揮でき
そうな雰囲気はあるが、それなりに粘り込めても良さそう。

注ハートビートソング
イメージ的に、ここではもう少し"軽さ"が欲しい…という印象を受ける馬だが、
同舞台のベテルギウスSでも、なかなかの内容を示して勝ち切っている訳だし、
適性面で下げる必要まではなさそう。
そもそも芝での実績から、単純に地力で上とも言ってしまえるし、積極的にでは
ないものの、やはり上位には扱いたい存在。

△グランドシチー
細かい脚の使い方をするタイプで、小回りの持続勝負かスローからの決め手勝負
というのが本来の適性。
その意味で、ここでは前半にあまり引っ張られ過ぎると、最後まで脚が続かない
可能性があり、後方から直線一気でどこまで…というイメージ。

☆グラッツィア
タイプ的にはスピードとか持続…という方に寄ったイメージの馬で、ここの長い
道中で、しかも緩急がつくような展開に嵌るとはとりあえず思えない。
前走の勝ちっぷりからか、微妙に人気しているが、適性的には全く推せない。
素直に静観したい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事