2013年10月14日月曜日

府中牝馬S展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.6-11.2-11.7-12.1-12.1-11.8-11.3-11.2-11.5
2011 12.6-11.2-11.6-12.3-12.4-12.1-11.3-11.5-11.8
2010 12.4-11.3-11.9-12.5-12.7-11.6-11.0-10.9-12.1
2009 12.6-10.8-11.2-11.6-11.9-11.9-11.2-11.5-11.9
2008 12.6-10.8-11.4-12.3-12.1-12.3-11.3-11.2-11.5
2007 12.8-10.9-11.4-12.2-12.0-11.8-11.2-11.2-11.9
2006 12.7-11.2-12.1-12.6-12.3-12.4-11.6-11.0-11.6
2005 12.8-11.7-11.9-12.3-12.0-12.1-11.1-11.3-11.5
2004 12.6-10.9-11.8-12.2-12.1-12.0-11.3-11.0-12.3
2003 11.7-10.9-10.6-11.3-11.8-12.2-12.4-12.7-13.0

過去10年の平均ラップタイム
12.54-11.09-11.56-12.14-12.14-12.02-11.37-11.35-11.91
1.46.12




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速い流れ、道中は一旦は
落ち着くものの極端には緩まない展開で、勝負所ではしっかり加速する形。

この舞台なので、勝負所での加速に対応できることはやはり必要だが、前半~
道中に関してもある程度のスピードでは流れるので、それを追い掛けて尚且つ
長い直線を伸び切るには、持続力(マイラー的な資質)を備えていることも
重要になる。

脚質的には、開催2週目で馬場状態は良くても、過去の上位馬の挙動としては、
(ペース次第だが)前半を少しだけ受け流せるポジションから、速い上がりを
繰り出す形での好走が目立っている印象。


好走する条件
・切れ&スピードへの対応力が必要


予想

◎スイートサルサ
元々素直に切れるタイプ…というイメージの馬だし、スムーズな加速が問われる
ここには適性的に嵌る。
また前走では、道中~上がりで物凄い持続力を示しつつ勝ち切っていて、地力の
面でも春と比べれば強化されている印象で、このメンバーを相手にしても十分に
出来そうな雰囲気。期待したい。

○マイネイサベル
昨年も勝ち切っているように、一定水準の道中→決め手という展開は得意だし、
やはりこの舞台では上位に評価しておきたい存在。
今回は、休み明けというのはもちろん気になるが、春に示した内容から、単純に
地力で何とか出来てしまいそうなイメージ。当然注目したい。

▲ドナウブルー
どちらかと言えば、ここよりももう少し持続力を活かせる舞台の方が良さそうな
イメージで、勝ち切れるかどうか…は微妙だが、地力は当然高い馬だし、昨年も
3着しているように、こなせないという程ではない。
スパッと切れる馬に差されるという前提だが、やはり上位には残りそう。

注アロマティコ
持続力と力強い末脚が持ち味で、スピードに乗るまでに時間が掛かるイメージが
あるので、好位の馬もしっかり切れるこの舞台だと、やはり前を残しそう。
その意味では本番の方がイメージは合っているし、ここではそれなりに浮上して
一応の形を作れば十分。次戦でしっかり期待したい…という感覚。

△ゴールデンナンバー
決め手という点ではしっかりしたものを見せていて、単純な決め手勝負であれば
普通に浮上はしてきそう。
ただし前半のスピードという部分で、ここでは流れに乗り切らない可能性もある
馬なので、自信を持って強く推せるところまでは結局いかない…。

△ハナズゴール
決め手自体は十分に示している馬だが、軽いスピードとスムーズな加速…という
この舞台よりも、もう少し地脚の強さが活きる舞台の方がイメージは合う。
その意味でここでは、道中からレースが激しく動いたり、見た目以上に消耗する
ような展開にならないと交わし切れない…という気がする。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事