2013年10月27日日曜日

天皇賞秋展望 2013


予想
メンバー的に見ても、当然トウケイヘイローが先手を奪いそうだし、アッサリと
隊列は決まりそうな雰囲気。

そうなると単純に、ゆったりとした流れ…というのも考えられるのだが、同馬は
元々、一本調子に近い内容を示していたタイプだけあって、中距離に目を向けた
3戦ともに、しっかりと溜めが入るような展開にはなっていない。

したがって、このタイミングで武豊Jがスタイルを変えてくるとも思えないし、
他の馬が競り掛けなかったとしても、ある程度道中を締め付ける形から、やはり
フラットな展開を作りそうなイメージ。

一方で馬場に関してだが、土曜は雨が降り続いて徐々に悪化していく…という
状況で、直線では多くの馬が内側を避けて大きく横に広がった形が見られたが、
実際のところは、極端に内が止まったり、大外一気が決まったりとかにはなら
なくて、せいぜい中あたりが伸びていた…くらいの印象。

日曜はしっかりと晴れるということなので、(土曜の京都の状況から考えても)
ある程度自然な回復は見込めそうだし、これまでの秋G1を見ても、それ相応の
補正も入るだろうから、前日の状況から少しだけ内側にシフトして、結局は内~
中くらいの馬場…というのが妥当な気はする。

ということで今回は、(ポジション確保という意味でも)スタートからある程度
スピードに乗れて、尚且つ、締まった展開にも脚を削られない持久力&持続力を
備えていて、そこから直線でしっかりと脚を使える…というように、結構厳しく
総合力が試されそうな雰囲気。…ならば当然、実績馬が強いはず。


◎ジェンティルドンナ
自身は伸び切れず、ゴールドシップに突き離された宝塚記念に関しては、馬場や
コースに対しての適性のズレを考えれば、(結局馬券圏内を外さなかった点で)
むしろ高い地力を示した…という扱いになるし、一貫したラップを刻むスピード
レースに関する裏付け不足も、その内容である程度は補完できそう。
今回は休み明けの状態で、当然その点での不安はあるのだが、確実に条件は好転
する訳だし、おそらく完成に近づいている過程…だろうから、やはり期待の方が
大きくなる…という感覚。

○エイシンフラッシュ
走法的にこれ以上長い(水準の高い)道中では消耗しやすく、スローとか小回り
…というのが条件になるので、しっかりと地力を示しつつ結果も残す意味では、
結局はここがベストに近いイメージ。
今回の展開では、道中でかなり脚を使う形になるので、そこから直線を最後まで
しっかり伸び切れるか…という不安は少しあって、勝ち切れるかどうかは微妙に
なるが、とりあえずその争いには普通に絡むはず。当然注目したい。

▲トウケイヘイロー
武庫川Sあたりから適性面での幅は一応見せていて、以前のような一本調子には
ならないだろうが、それでもタイプ的に溜めたところで良いことはなさそうで、
結局は一貫したラップを刻むのがベスト…という印象。
とりあえず、完全にフラットな展開を演出した函館記念の内容を基準にすると、
その水準に耐えられる馬はそこまで多くはないし、更にそこから終いでしっかり
脚を使えるような馬は限られる。やはりある程度は残りそう。

注トーセンジョーダン
単純に地力に関する裏付けではナンバーワンくらいの扱いになる馬だし、前走は
久々であの馬場だったので、とりあえずは度外視可能。
肝心の状態に関しても、馬体自体はゆったりしていたが、パドックではしっかり
歩けていたようにも見えたし、そこで叩かれて今回中身が伴ってくるようなら、
それなりに出来てもいいのでは?…という感覚にはなる。注目しておきたい。

△コディーノ
スピード持続力という方向に寄った皐月賞では崩れなかった訳だし、ダービーや
毎日王冠に関しても地力を否定するような内容ではなくて、とりあえずここは、
適性的な前進が見込めそうな場面。浮上出来てもいいはず。
個人的にも、ロゴタイプがここに出ていたら本命にしていた可能性は高いので、
力関係的にここで無印…とかにはしづらい。

△ダノンバラード
元々持久力&持続力という方向で一定の格を備えた馬だし、トウケイヘイローが
作る展開には、とりあえず地力の部分では耐えられる。
ただし切れとは無縁というタイプなので、直線は惰性で残るor浮上するものの、
勝ち負け争いはもう少し前で行われている…というイメージ。

△オーシャンブルー
元々道中~上がりの持続力はしっかりと示している馬で、ある程度引っ張られて
こそ…という部分があるので、今回の展開での浮上は十分に考えられる。
ただし有力馬に対しては、前半で背負う負債が大き過ぎる…という事態にもなり
得るので、結局勝ち負け争いには届かないイメージ。


☆アンコイルド
元々持続力という方向に寄ったタイプで、トウケイヘイローの作る展開では常に
上位に残っているように、スピードに殺されることはない。
ただし道中を耐えられても、そこから上がりでしっかりとした脚を使う…という
部分で上位の馬とは差があるので、結局はそこそこの着くらい…の印象。

☆ジャスタウェイ
近走からは、持続力に関しての成長は感じるものの、この舞台では持久力の方で
少し足りなくなるイメージ。
かと言って、前半をしっかり受け流すとさすがに届かないだろうし、とりあえず
上位候補に考えるのはマイルCSまで待ちたい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事