2014年4月6日日曜日

ダービー卿CT展望 2014


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2013 12.4-10.7-11.2-11.2-11.8-11.7-11.8-11.8
2012 12.2-11.3-11.9-12.0-11.4-11.6-11.8-11.3
2011 12.7-11.4-11.5-12.0-11.8-11.0-11.0-11.9 阪神開催
2010 12.4-11.8-12.1-12.0-12.0-11.4-11.1-11.5
2009 12.4-11.3-11.5-11.6-11.9-11.5-11.7-11.8
2008 12.7-12.0-11.3-11.8-11.8-11.6-11.3-11.7
2007 12.6-11.3-11.1-11.2-11.5-11.6-11.7-12.1
2006 12.7-11.3-11.1-11.4-11.6-11.5-11.4-11.4
2005 12.6-10.8-11.5-11.5-11.4-11.5-11.3-11.7
2004 12.4-10.8-11.0-11.0-11.7-11.7-12.3-12.5

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.49-11.26-11.41-11.52-11.68-11.57-11.60-11.76
1.33.28




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペースで流れて、道中はこのコースらしく
全く淀みのない展開になり、そのまま最後まで速いスピードを維持する形。

ここの特徴は、基本的に道中が緩まない…という部分で、全体としてフラットな
レース展開になりやすいため、当然のようにスピード持続力が必須となる。

それに加えて近年に関しては、前半のスピードがなかなか上がらない展開が増え
つつあって、(道中のスピードに耐えられることを前提として)しっかりとした
決め手を発揮出来るタイプにも注意を払っておきたいイメージ。


好走する条件
・スピード持続力&決め手があること


予想

◎ブレイズアトレイル
差し馬が浮上した京都金杯で好位からしっかりと粘り込み、超ロングスパートの
小倉大賞典でもラスト伸び切って浮上してきていて、その地力と持続力は十分に
認められる。
新潟の究極的な決め手勝負を勝ち切った経験もあり、上がりの方に寄っても問題
ない馬だし、それでいてこの人気というのなら当然狙いたくなる。

○レッドアリオン
フラットな展開をしっかり差して突き抜けた前走は強く、そこで示した持続力と
元々見せている決め手を合わせて考えれば、少し上がりの方に寄った近年のこの
レースにはピッタリ嵌りそう。
逆に道中が極端に締まった場合の裏付けがない…という部分での不安はあるが、
恐らくそこまでの展開にはならないのでは。

▲トリップ
前走では、前半~道中をまずまずの水準で進めつつ、上がりをしっかりまとめる
形で勝ち切っていて、パフォーマンス的にはここにつながっても良さそう。
あまり決め手勝負の方に傾くと微妙な印象ではあるが、落ち着いても中山は中山
なので、ただの切れ勝負までにはならないはずだし、十分残れていいはず。

注コディーノ
この舞台では朝日杯の厳しい展開を好走している訳だし、上がりでしっかり脚を
使う展開でも一応力を見せていて、両者の合わせ技でこなせる可能性はある。
ただし前走を見る限り、良い脚が一瞬?という疑惑もあって、最後伸び切れるか
どうか…という点がここでは微妙な印象にはなる。

△ダイワファルコン
昨年の厳しい展開で3着、一昨年のゆったりした展開でも5着しているように、
この舞台への適性は当然高い馬だが、基本的には筋力とか体力で勝負する馬で、
決め手勝負の方に展開が傾くとやや分が悪い…といった印象。
となると、自身が逃げる可能性すらありそうな今回は…切れ負けかも。

△インプロヴァイズ
前走の内容は、このメンバーとパフォーマンス比較してもまずまずという扱いに
なるし、とりあえずこの舞台への適性の部分で上位には選んでおきたい。
ただし地力とか何かしら抜けた特徴がある…という訳ではないので、これ以上の
評価には結局しづらい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事