2014年5月18日日曜日

ヴィクトリアマイル展望 2014


予想
ケイアイエレガントが絶対ハナ…というタイプでもないので、とりあえず今回は
クロフネサプライズのマイペースになる可能性が濃厚。
ただし同馬は、前走でなかなかのスピードで引っ張った直後だけに、少なくとも
前半はそれなりに流れそうなイメージにはなって、そうなると流れはH→M→H
という、極めて平均的な展開になりそう。
したがってここは、セオリー通りに、前半~道中のスピードへの対応力を備え、
そこからしっかりとした決め手を発揮できるタイプ中心…ということになる。

◎ホエールキャプチャ
前走は、別定57kg(=牡馬なら59kg)を背負い、一応マイル路線の中心近くには
いる…というメンバーを相手に横綱相撲での完勝。
これはどうやってもその実力を認めざるを得ないし、マイルのペースと馬自身の
リズムがやはり相当合っている印象で、ここで下げる選択はさすがに出来ない。
枠も丁度良いところに入ったし、直線で変にゴチャつくようなことさえなければ
普通に勝ち負けしてきそう。素直に期待したい。

○ウリウリ
前走は、勝ち馬とは直線でスムーズに伸びることが出来たかどうか?…くらいの
差でしかなかったし、それよりも1400mのフラットな流れの中でもしっかり浮上
出来た…という点は大収穫で、とりあえずスピード耐性の不安はなくなった。
そうなれば、元々決め手の部分では1つ上くらいの内容を示せる馬だし、適性が
十分に嵌りそうなこの舞台での浮上は確実だと思える。当然注目したい。

▲ラキシス
これまで2000m以上のレースしか経験していないため、スピードへの対応という
部分の裏付けは結局ないのだが、前走・中日新聞杯組の(その後の)ハンパない
前進振りを考えると、そこで2着していることは、地力(というより格)の面で
やはり意味がありそう。
この馬に関してはセオリーには反するが、それでも推してみたい感覚になる。

注エクセラントカーヴ
前走は休み明けの状態で、コースや馬場など、条件的にも合っていない状況での
負けなのでとりあえず度外視すれば、元々はスピード耐性と決め手という部分で
ここに必要な適性は一通り備えている馬で、可能性は普通にあっていいはず。
そしてこの馬自身、このレースでは何だかんだやって来るクイーンC上位という
経歴も持っていて、今回特に注目しておきたい1頭ではある。

△スマートレイアー
前々走で示した地力と、前走で示したスピードへの対応力を考えれば当然上位の
扱いにはなるし、リズムとしても、夕月特別の内容であれば、ここの展開に嵌る
可能性は十分にありそう。
ただしそのリズムで走るためには、ここでは中団辺りにつける必要があるので、
結局はスタート次第。その点、信頼するところまでは難しい…。

△デニムアンドルビー
ここのスピードにそこまで削られるとは思わないが、タイプ的にはやはり純粋な
持久力…という方向の馬だし、リズムに乗り切れない可能性は結局ありそう。
また浜中J自身は、末に賭ける…というようなニュアンスのことを言っていて、
それだとさすがに強く推すことは躊躇してしまう…。
実力は当然上位だが、中距離馬が力を出し切れないパターン…に正直嵌りそう。

△ゴールデンナンバー
道中のペースに依らず、毎回ほぼ確実に良い脚を繰り出していて、単純に前半の
追走部分だけが問題。
その点、元々は(平ヶ岳特別のように)スタート直後にある程度脚を使う内容も
示している馬だけに、本来はここの展開に嵌る可能性はあっていいはず。
少し積極的に中団からとか、今回、三浦Jに何かしらのアイデアがあるのなら。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事