2015年1月10日土曜日

シンザン記念展望 2015


過去のラップタイムは以下の通り。

2014 12.2-11.5-11.8-12.4-11.8-11.3-11.0-11.8
2013 12.2-11.0-11.4-12.0-12.0-11.9-11.5-12.3
2012 12.2-11.1-11.7-12.2-11.6-11.9-11.7-11.9
2011 12.2-11.2-11.7-12.1-11.6-11.2-12.0-12.0
2010 12.5-11.1-11.5-12.2-12.1-12.1-11.4-11.4
2009 12.5-11.0-11.6-12.1-12.2-12.6-11.5-11.8
2008 12.1-10.7-11.3-12.1-12.2-11.9-12.3-12.8
2007 12.6-11.2-11.8-12.3-12.3-11.7-12.0-11.2
2006 12.5-11.2-11.9-12.1-12.0-11.5-11.3-11.9
2005 12.7-11.3-12.0-12.5-12.2-11.8-11.4-11.8

過去10年の平均ラップタイム
12.37-11.13-11.67-12.20-12.00-11.79-11.61-11.89
1.34.66




傾向(過去記事の一部修正)
過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペースで流れ、道中は一旦落ち着く
展開、その後3~4コーナーから直線に掛けて徐々に加速していき、ラストまで
ある程度のスピードを維持する形。

さすがに若駒のレースなので、道中がビッシリ締まる形にはならず、じっくりと
ペースアップして、ある程度上がりが速くなる。
そして最後までそれ程ラップが落ちないため、持続力が問われることになる。

また馬場の良い状態で行われることもあり、他の馬に先駆けて動ける、もしくは
ある程度好位につけられる…ということも重要で、意味合いとしては、純粋な
スピード性能を競うレースだと言えそう。


好走する条件
・持続力が必要
・切れor先行力があること


予想

◎グァンチャーレ
前走は、直線で分厚い壁に完全に塞がれた格好なので、普通に度外視できる。
それを除けば、萩S&いちょうSは高いパフォーマンスだったし、未勝利戦でも
なかなかの持続力を示している。
今回ある程度好位につける競馬ならば、普通に残っていいはず。

○ロードフェリーチェ
新馬戦は、終始外を押し上げるような内容で、1頭だけ全く違った展開を演じて
持続力を示しているし、前走は、道悪の中で直線少しゴチャついて→最後流れに
乗り遅れたようなイメージだったので、負けたこと自体は仕方がない。
スタートには問題があるが、この舞台への適性は高そうなタイプだと思える。

▲ヤマニンマンドール
未勝利戦では、道中~上がりで高いパフォーマンスを示しているし、前走も直線
斜め前の馬に何度もブロックを受けた格好なので、一応は度外視可能。
バネとか性能…というイメージとは少し違うので、スケール的な部分でどこまで
通用するのか?は微妙だが、地力では普通に上位扱いでいいはず。

注ダッシングブレイズ
レース内容&馬体的には持続力がありそうなタイプで、ここでも可能性は普通に
あっていいはずだが、前半~道中の裏付けがないため、扱いが本当に難しい…。
1点だけ、新馬戦が超絶スタート⇔前走が微妙なスタートだったことを考えると
乗り替わりは大きくプラスに働くのかも…という期待は少しある。

△ナヴィオン
裏付け的には普通に上位の存在だが、(滑らかさはあるものの)あまり伸び切ら
ない走り方をするタイプなので、今回外枠に入ったことで勝負所で(相対的に)
脚を使い過ぎる可能性がありそう。
この馬には、毎回否定的な見方ばかりで申し訳ない気持ちだが…ここも否定的。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事