2015年1月18日日曜日

日経新春杯展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 13.1-11.5-11.3-12.3-12.0-12.8-12.5-12.2-12.0-11.9-11.0-11.8
2013 12.5-11.6-11.8-12.2-12.3-12.3-12.5-12.5-12.1-11.9-11.6-11.7
2012 12.3-11.0-11.3-12.2-12.3-12.5-12.4-12.8-11.8-11.5-11.7-11.9
2011 12.6-10.8-10.8-12.7-13.2-12.6-12.6-12.9-11.9-11.1-11.6-11.8
2010 12.7-10.3-11.0-12.4-12.5-12.4-12.3-12.9-12.1-11.9-12.1-11.8
2009 12.7-11.3-11.7-12.7-12.7-12.6-12.6-12.1-11.6-11.9-11.9-12.8
2008 12.5-11.4-11.3-12.7-12.8-12.6-12.5-12.3-11.9-12.2-12.2-13.0
2007 12.5-11.2-11.0-13.0-12.8-13.0-13.8-12.8-11.7-11.7-11.6-12.3
2006 12.6-10.9-11.3-12.7-12.4-12.5-12.7-12.7-12.2-11.7-12.0-12.6
2005 13.0-12.2-12.2-13.8-12.9-12.9-13.2-12.9-11.8-11.5-10.8-11.8

過去10年の平均ラップタイム
12.65-11.22-11.37-12.67-12.59-12.62-12.71-12.61-11.91-11.73-11.65-12.15
2.25.88




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、スタート直後がある程度速く流れて、道中は一旦は落ち
着く展開となり、その後3コーナー付近からレースが動き出して、ほぼ確実に
ロングスパートという形になる。

形としては一応上がり勝負のようにも見えるのだが、前半がしっかりと速くて、
道中もまずまずの水準では流れるために、"速い脚を使える"ということよりも、
とにかく"止まらないこと"が重要になる舞台。
当然中心になるのは、持久力&持続力を備えたスタミナタイプだと言える。

脚質的にも、(相対的に)少しでも前半で脚を使わない差し馬が基本的には有利
だと言えて、(結果的に切れ負けしていても)展開に関わらず、最後まで確実に
伸びてくるようなタイプには特に注目しておきたい。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎タマモベストプレイ
京都大賞典は、馬場を考えても道中水準の高い展開だったが、それを少し離れた
番手から進めつつ→(3コーナー辺りから)最も早く動き出し、直線も最後まで
しっかり粘り込んだ内容で、高い持久力&持続力を示した。
(個人的にもしっかりイメージを更新した)
その内容から有馬記念が面白い…と思っていたのだが、JCで相当厳しい競馬を
して年内は終了。少し待たされたが、ここは当然推しておきたい。

○サトノノブレス
元々持久力&持続力はしっかり示している馬だし、単純に昨年のパフォーマンス
だけを考えても、ここは普通に上位扱い。
ただし今回の場合、昨年から斤量が3kg増える格好になるし、池添Jに替わって
から徐々にポジションを下げている…というのも気になる。
勝ち切れるかどうかは微妙…なのかも知れない。

▲アクションスター
前走などは何故かマイル戦に使われていたりするが、元々は長めの距離で純粋な
持久力を活かした方が良さが出るタイプ。
実際に神戸新聞杯では、サトノノブレスとタマモベストプレイの間を割って4着
していて、その時以来のこの距離で前進を見せる可能性は十分ある。
その後パフォーマンスを更新した2頭とも3~4kgの斤量差なら戦えていいはず。

注コウエイオトメ
(イメージ的に)常にフーラブライドの陰に隠れているが、この馬もこの舞台に
相当嵌る持久力&決め手…というタイプ。
今回は昨年4着した時から比べれば斤量が-1kgになり、対フーラブライドという
ことで言えば、+3kgになる相手を上回る可能性は十分あるはず。
全体の中では結局4着扱いだが、ライバル対決ではこちらを推したい。

△フーラブライド
持久力&末の持続力というタイプで、この舞台には相当嵌る存在。
それでも上記したように、今回は3着した昨年と比べて斤量が+3kgになり、条件
的にはやはり厳しくなるし、常に安定した上がりを示す馬なだけにここも普通に
浮上はしてくると思うが、評価としてはここまでにしたい。

△トウシンモンステラ
前走では、同舞台で下り坂から一気に仕掛けつつ→直線もしっかりと押し通して
好タイムで勝利していて、当然ここでは注目すべき存在。
ただ、ここの基準でそのパフォーマンスを見てみると、案外高い扱いにならず、
ここはあくまで上位候補の1頭…というイメージ。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事