2015年1月24日土曜日

AJCC展望 2015


過去のラップタイムは以下の通り。

2014 12.5-11.1-12.9-12.2-12.4-12.3-11.9-12.3-12.4-11.9-12.1
2013 12.3-11.5-12.2-11.6-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.7
2012 12.6-11.3-13.4-13.2-13.3-12.5-12.4-12.3-12.1-12.0-12.2
2011 13.0-11.9-13.0-12.8-12.7-12.5-11.8-11.4-11.5-11.3-12.3
2010 12.3-11.3-12.7-12.2-12.0-12.4-12.4-12.2-11.9-11.2-12.0
2009 12.3-11.8-12.5-12.2-12.7-12.4-12.0-12.1-11.6-11.7-12.6
2008 12.7-11.3-12.7-12.3-12.2-12.1-12.1-12.2-11.8-11.9-12.3
2007 13.0-11.3-12.3-11.9-11.7-11.7-11.8-12.1-12.0-12.0-13.0
2006 13.0-11.6-12.5-12.0-12.2-12.0-11.9-12.1-12.0-11.6-12.3
2005 12.7-11.3-11.9-11.6-11.7-11.9-11.8-12.1-12.0-12.2-12.2

過去10年の平均ラップタイム
12.64-11.44-12.61-12.20-12.30-12.20-12.05-12.13-11.94-11.73-12.37
2.13.61




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~ややゆったりとした流れになり、
道中は一旦は流れが落ち着くものの徐々に加速して行く展開で、そのまま勝負所
までジワジワ加速して→ラスト1Fだけ少し落ちる形。

ここの特徴は、向こう正面の下り坂によって道中のスピードが押し上げられて、
結果的にロングスパートという形になっている点で、ある程度水準の高い道中を
楽に進められる持久力に加えて、末脚の持続力が必須になる。

脚質的には、長い脚を使わされる展開でも案外先行馬が有利となっているが、
これは前半である程度楽が出来ることと、道中も意識的にではなく、コース形状
によって自然と速くなっていることがおそらく大きくて、一定以上の持久力を
持った馬であれば十分余力が残せるということだろう。

したがってここでは持続型の先行馬がまずは狙い目だと言えて、逆に切れ味は
あっても使える脚が限定的な差し馬には注意が必要になりそう。
(差し馬には道中~上がりでのかなり高いパフォーマンスが要求される)


好走する条件
・持久力&持続力が必要


予想

◎ゴールドシップ
この馬の走りをたくさん見られることは当然嬉しいのだが、特に獲る必要がない
(と思える)レースに使われると、ちょっとだけ怖さを感じる…という葛藤。
ともかく、岩田Jとのコンビであればスタートの問題がなくなる…ということに
現状なっている訳だし、ここでは特に言うべきことはない。
単純に無事と、格の違いを見せつける姿に期待したい。

○フェイムゲーム
持続力は元々示している馬で、昨年もここでは3着。
その後の1年間で"持久力"という部分でもしっかりとした裏付けを示した格好に
なるし、前走のパフォーマンスも普通に高い。
ここはもうこの馬にとっての有馬記念。ゴールドシップと存分に戦ってほしい。

▲クリールカイザー
この舞台では湾岸Sの完勝があるように、前半で急かされない格好から→末脚の
持続力が問われる…という、この馬の適性にはかなり嵌る展開になりやすいし、
(個人的な)イメージ的には1番しっくりくる…という感覚。
相手がしっかり強い(1頭は強過ぎる)ので評価はここまでだが、当然注目。

注ダークシャドウ
コーナーを回りながらの加速に(個人的に)かなり不安を感じるタイプなので、
中山というイメージは全くないのだが、外回りならば話は別。
前走に関しても、浮上はし切れていないものの道中~上がりでしっかり持続力を
示しているし、内容的には距離延長につながっても良さそう。注目したい。

△ショウナンラグーン
前走は、ほぼ半分の区間で13秒台のラップを刻んだ極端な上がり勝負で、それを
取りこぼしたこと自体は全く問題ないし、ここは単純に、菊花賞の持続力勝負を
しっかりと浮上した…という事実だけを考慮したいところ。
今の馬場で大外枠は少し厳しいが、浮上の可能性は普通にあっていいはず。

△パッションダンス
長い休み明けから、叩き2走目の前走でしっかりと復活気配を示したし、持続力
…という部分での裏付けは元々持っている馬なので、好走の可能性は十分ある。
ただしタイプ的には、もう少しだけスピードの方に寄っているイメージではある
ので、スタミナ色の濃いここにピッタリ…とはいかないはず。微妙。

△エアソミュール
持続力はしっかり示している馬で、適性的に嵌る可能性ももちろんあるのだが、
基本的には「軽いスピードを維持する」…という方向に思えるし、これまでの
経歴から、純粋な持久力の部分で(個人的に)どうしても信用しきれない…。
候補には当然挙げたいが、評価としてはここまでに止めたい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事