2015年5月9日土曜日

NHKマイルC展望 2015


予想
アルビアーノがハナに立ってあっさりと隊列が決まる可能性もあるが、過去の例
からここは、(少なくとも前半は)スローに流れる確率がかなり低いレース。
やはりそれなりに引っ張られる展開からの総合力勝負を想定したいところ。

その意味でここでは、東京向きの溜め→切れ…という脚の使い方が出来ることは
もちろんだが、これまでに様々な展開のレースで地力を示しているような、引き
出しの多いタイプを選びたい。

◎クラリティスカイ
とりあえずは同舞台いちょうSを勝ち切っている馬だし、その時の展開としても
前傾の総合力勝負だった訳なので、まずは適性的に合うかor合わないかで言えば
間違いなく合っている。
一方で地力の部分でも、ここ3戦は、厳しい展開に対して常に逆境の立場に身を
置かれた(皐月賞は自ら置いたが…)格好ながら、しっかりとは崩れない強さを
見せていて、ここでは普通に最上位争いと考えていいはず。
自分の中で早い段階から決まっていた本命でもあるし、ここは素直に推したい。

○グランシルク
前々走では、中団から自身一貫したラップを踏んだ格好で勝利して、前走では、
(結果的にではあるが)後方から道中それなりの水準で進めつつも→しっかりと
決め手を発揮する格好で好走していて、その自在性は高く評価したいところ。
馬体&走法的に、直線で内を捌きながら浮上する…ということが本来出来そうな
タイプで、例年ここで2、3着に入る馬と同じような雰囲気があるし(逆に勝ち
切るイメージはあまり湧かないが…)、とりあえず普通に好走はしてきそう。

▲アヴニールマルシェ
地力&決め手ともに早い段階でしっかりと示している馬。
一方で瞬間的な切れや器用さがない分、前走のような道中しっかりと落ち着いて
→直線で一気に加速する展開では中途半端な格好で終わってしまったが、ここの
地力の高い馬が自然と浮上できる総合力勝負ならば、当然期待していいはず。
共同通信杯から直行するローテーションがどうなのか?という部分はあるが、
内枠も確保したし、やはり積極的な扱いをしておきたい。

注アルマワイオリ
レースの内容的には持続力を発揮する形が目に付く馬だが、意外にも経歴的には
切れが問われるレースでのみ連対している…。
そのあたり、父親に似て掴み切れない適性という雰囲気なのだが、むしろそれを
切れと持続力をバランス良く備えていると解釈すれば、総合力勝負のここに嵌る
可能性が十分にありそう。
イメージ的にも、本来できるはずの内を突く競馬なら、頭まで一応考えられる。

△ミュゼスルタン
新潟2歳Sで示したパフォーマンスは今でも威張れるくらいだし、長い休養の後
1度叩いて→大きな上積みが期待できそうなここで好走する可能性は当然ある。
ただしイメージ的にこの馬は、真っ直ぐに力を発揮してこそ…というタイプには
思えるので、前半引っ張られる展開からの余力勝負で、差し&外の馬は勝負所で
動いて行くような競馬になるここに対しては、微妙なズレを感じる。
その意味では内枠が欲しかったところだし、それで1番人気なら少し下げたい。

△グァンチャーレ
シンザン記念を勝ち切って、弥生賞でも4着に入ってそれなりに格好をつけた馬
なのだから、単純にその地力を考えれば、11番人気というのはあまりにも評価が
低過ぎる印象。
適性的に持続力の方に寄っていることは間違いないので、結局のところはここで
勝ち負けを演じる…というイメージにはならないのだが、複勝or掲示板圏内候補
としては当然ピックアップはしておきたい。

☆アルビアーノ
馬体の雰囲気はあるし、実際に強い可能性ももちろんあるのだが、この相手に
対しては、地力の裏付けがないに等しい…。
近年逃げ切っているミッキーアイルやカレンブラックヒルは、ともに経歴の中に
相当強い裏付けを持っていたし、ハッキリと立場が違っている。
それで上位人気を分け合っているような状態なら、普通に静観したい気持ち。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事