2015年8月2日日曜日

クイーンS展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.3-11.3-11.5-11.3-11.4-11.5-11.8-12.4-12.2
2013 12.6-11.5-11.6-12.1-12.3-12.2-12.3-12.3-12.5 函館開催
2012 12.3-11.4-12.1-12.1-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8
2011 12.4-11.0-11.7-11.6-11.7-11.9-12.1-12.0-12.2
2010 12.4-11.5-12.3-12.8-11.6-12.0-11.8-11.2-12.0
2009 12.5-11.4-11.6-12.4-12.2-12.2-11.9-11.9-12.1
2008 12.5-11.5-12.2-12.4-12.3-11.7-11.8-11.5-12.2
2007 12.3-11.3-12.5-12.0-12.1-11.8-11.5-11.2-12.0
2006 12.2-10.9-11.3-11.8-12.0-12.2-12.3-11.9-12.1
2005 12.6-11.4-12.0-11.5-11.7-11.7-12.0-11.8-12.0

過去10年の平均ラップタイム(2013年は除く)
12.39-11.30-11.91-11.99-11.92-11.88-11.87-11.73-12.07
1.47.06




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースで、その後は勝負所で多少の加速を
示しつつも、道中淀みのない展開から→ほぼフラットな形。

ここでは、一定に近いスピードで流れる道中に対応するための持続力がまずは
必要になるが、前半がそれ程速くはならないために持久力があまり問われず、
その分上がりの性能も試されるので、勝負所で動ける程度の切れは欲しい。

脚質的には、(近年はそれ程でもないが)逃げ馬が押し切るケースも結構あり、
少なくとも4角で先頭近くにいなければ勝ち切るのは厳しいので、とりあえずは
好位から持続できるタイプを中心に考えたいところ。


好走する条件
・(一定の切れ&)持続力があること


予想

◎ブランネージュ
地力は当然高い馬だし、切れと持続力をバランス良く備えているタイプ的にも、
適性的にこの舞台には嵌っても良さそう。
春は明らかに不調という雰囲気だった中で、完全な直線勝負になった前走の結果
のみを受けて復調と言い切ってしまっていいのか微妙だが、レッドリヴェールが
被っている分、選択しやすい人気ではあるし、ここは素直に推してみたい。

○フーラブライド
持続力をしっかりと示していて、少しパワーに寄っているタイプ的にもこの舞台
には普通に嵌りそう。
当然勝ち切る可能性まで考えておきたいところだが、マイラーに寄ったタイプに
一応向くここでは、前半のスピードの部分が多少問題になる可能性はある。
今回はその点が問題ない相手の方に期待…という2番手評価。

▲レッドリヴェール
元々の実力的には当然最上位の馬だし、一定の持続力も示していてさすがに上位
浮上は確実なはず。
ただしこの馬の場合、馬体自体は小柄だが、走りは(バネが効いて)スケールが
かなり大きく、その点が逆にこのレースのイメージとは少しズレる印象。
もっと素直に性能が活きる舞台でこそ狙いたい…という感覚。

注メイショウスザンナ
今回は(少頭数ということもあって)メンバー間の実力差が大きく、4頭目を
選びたい感覚にはならないのだが、敢えてピックアップするなら、福島牝馬Sの
フラットな展開で3着したこの馬。
とりあえず適性的にはここはこなせるはずだし、一応注目はしておきたい。










0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事