2015年8月9日日曜日

小倉記念展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.4-11.0-11.3-12.8-12.5-11.9-12.1-12.0-11.4-12.4
2013 12.3-10.8-11.1-12.0-11.8-11.9-12.2-11.8-11.3-11.9
2012 12.2-10.7-11.6-12.5-12.0-11.8-11.6-11.6-11.7-11.6
2011 11.8-10.7-10.8-12.0-11.8-11.8-12.0-12.0-11.8-12.6
2010 12.1-10.9-11.3-12.3-12.0-12.0-12.1-11.5-11.6-12.1
2009 12.2-10.9-11.6-12.4-12.1-11.6-11.7-11.6-11.8-12.4
2008 12.4-11.2-11.2-12.6-11.9-11.8-11.8-11.5-11.6-11.9
2007 12.4-11.2-11.3-12.6-12.1-12.0-11.8-11.6-11.6-12.1
2006 12.4-10.9-11.4-12.4-11.9-11.7-11.8-11.8-11.7-11.8
2005 12.2-10.6-11.5-12.3-11.8-11.7-12.0-12.2-12.2-11.5

過去10年の平均ラップタイム
12.24-10.89-11.31-12.39-11.99-11.82-11.91-11.76-11.67-12.03
1.58.01




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、コーナー部分で多少は落ち着く
ものの基本的には道中は淀みなく流れ、そのまま終いまで一定に近いスピードを
維持する形になっている。

このレースは、前半からある程度引っ張られて、その後もほとんど息を抜けない
展開になるため、当然のように一定の持久力は問われる。

また近年に関しては、1分57秒台が当たり前…というようにスピード化が顕著に
なっていて、終いの部分を"耐える"というよりも、ラストまでトップスピードを
"維持する"ということが必要で、地の強さで他力本願的に差すタイプより、高い
性能を備えたタイプの方を中心に考えたいところ。


好走する条件
・一定の持久力は必要
・スピード持続力があること


予想

◎アズマシャトル
単純に鳴尾記念の内容は、今回のメンバーの(特に近走の)中では一線を画す
ようなパフォーマンスで、その持続力は普通に最上位。
前走や3走前の負けは、完全な決め手勝負…という展開でのものなので気にする
必要はないし、展開的に嵌りそうなここで重賞を制覇する可能性は十分。
期待しておきたい。

○マローブルー
上がり勝負での好走が多くて、感覚的にまずは疑って掛かりたい存在ではあるの
だが、上がりで長い脚が問われた3走前と、乱ペースで地の強さが問われた4走
前の内容を考えれば、やはり上位扱いで良さそう。
51kgという斤量も当然魅力だし、展開次第では普通に頭まで。

▲メイショウナルト
一昨年は少し控えて→前を早めに捕える内容で勝ち切って、昨年はハイペースを
逃げて→後ろを振り落とそうとするような内容で3着。
当然この舞台には合っている存在で、今年も前走で一応復調気配を見せてここへ
参戦してきた。さすがに注目するしかない…という印象。

注ウインプリメーラ
前走は、前の馬が早い段階で脚を使ってしまい→結果後方からの馬が上位を独占
した中で、番手から4着に粘り込み、高い持続力を示した格好。
ここへ向けての(データ的な)裏付けという部分では正直物足りない部分もある
ものの、そこに表れない"強さ"を備えた馬。やはり注目はしておきたい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事