2015年8月16日日曜日

関屋記念展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.6-10.9-11.4-11.6-11.6-11.5-10.8-12.1
2013 12.3-10.7-11.5-11.7-11.7-11.8-10.8-12.0
2012 12.2-10.9-11.9-12.0-11.7-11.1-10.4-11.3
2011 12.5-10.5-11.5-11.7-11.6-11.8-10.9-12.1
2010 12.7-11.3-12.2-12.0-11.5-10.6-10.3-12.3
2009 12.2-10.8-11.6-12.3-12.1-11.3-10.7-11.7
2008 12.6-11.3-12.1-12.3-11.6-11.0-10.0-11.9
2007 12.8-10.6-11.0-11.2-11.7-11.8-10.3-12.4
2006 12.9-11.0-11.7-11.7-11.7-11.3-10.1-12.1
2005 12.3-10.7-11.6-11.9-12.0-11.3-10.6-11.9

過去10年の平均ラップタイム
12.51-10.87-11.65-11.84-11.72-11.35-10.49-11.98
1.32.41




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
基本的に一旦落ち着く展開となり、直線で加速して上がりはかなり速くなる。

ここでは、舞台のイメージ通りにやはり切れがあって、上がりの性能そのものが
高いということがまずは重要で、展開頼り…というだけの馬ではなく、自ら押し
進んで行けるようなタイプが中心になることは間違いない。

ただし(形としては落ち着くものの)道中の水準自体は意外と高くなっていて、
単純に上がりのみに注目するというよりかは、追走部分で(脚を使わされずに)
楽に進められるだけの持久力を備えている…という点も重視しておきたい。


好走する条件
・一定の持久力は必要
・切れ&末脚(トップスピード)の持続力があること


予想

◎サトノギャラント
昨年もここでは3着しているし、このコースでは放っておけば31秒台の決め手を
発揮するような馬なので、今回頭数が落ち着いてペースが上がらないと想定する
のなら、1頭違う脚で突き抜ける可能性が十分にありそう。
もちろんそのような展開になれば、前の馬もそう簡単には止まらないだろうが、
切れという点ではそれくらい上の存在…なはず。

○レッドアリオン
一応フラットな展開もこなしてはいるが、マイラーズCの内容から、やはりこの
馬は(クラレントの弟らしく)一定のペース→決め手を発揮する形でこそという
印象を受ける。
その意味ではこの舞台には普通に嵌りそうなイメージだし、相手の挙動次第では
当然押し切る可能性もあっていいはず。

▲エキストラエンド
地力では当然上位の存在で、昨年はこの舞台では全く良い所もなく終わったが、
少頭数である程度捌きも楽になるはずの今回は、単純に性能の差で普通に浮上
して来そうなイメージ。
上の2頭のような、突き抜けるような脚とは少し違うので勝ち切るところまでは
微妙だが、やはり注目はしておきたい。

注アルバタックス
修学院Sでまずまずの高いパフォーマンスを発揮していて、とりあえずは地力で
全く劣るという訳でもないし、この舞台の決め手勝負でもしっかり結果を残して
いて、適性的に浮上の可能性は十分に感じる。
しっかり勝ち負けするところまでは難しいかも知れないが、注目したい1頭。

△カフェブリリアント
前走は、ラップ的にはかなり厳しい展開だったが、実際には後続はほとんど受け
流した格好で、G1好走とは言え、地力の部分での信頼度には欠ける印象。
それでもこの舞台で究極的な決め手を発揮した経験はあるし、今回のペースが
落ち着きそうな条件ならば何とかなってもいいのかも知れない…。微妙。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事