2015年10月3日土曜日

シリウスS展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.5-11.8-12.1-13.9-12.9-12.7-12.1-11.6-11.7-12.5
2013 12.4-11.1-11.3-13.5-12.9-12.9-12.5-12.0-12.2-12.6
2012 12.5-11.3-11.9-13.9-12.2-12.1-12.4-12.2-12.1-12.7
2011 12.6-11.2-11.2-13.6-13.2-13.1-12.8-12.1-11.7-12.8
2010 12.8-11.4-11.6-13.7-12.5-12.8-12.6-12.3-11.6-13.1
2009 12.6-11.4-11.7-13.8-13.1-12.5-12.2-12.4-12.3-12.5
2008 12.2-10.9-11.0-13.7-13.1-13.2-12.3-12.5-12.3-12.6
2007 12.3-11.2-11.0-14.2-13.8-13.0-12.4-12.4-12.0-12.8

過去8年の平均ラップタイム
12.49-11.29-11.48-13.79-12.96-12.79-12.41-12.19-11.99-12.70
2.04.08




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半が相当に速くなっていて、道中はコーナー部分で
一旦しっかり緩んでから勝負所に向けて徐々に加速していく展開で、最後の部分
だけ少し落ちる…という形。

ここの特徴はとにかく前半の速さで、その部分でかなり引っ張られることから、
後半に余力を残すためにまずは高い持久力が問われる。
そして上がりの部分に関しては、ある程度長い脚を使わされる形になっている
ため、末脚の持続力を備えていることも必要になる。

またレース全体の展開で言えば、道中が落ち着いてから上がりでしっかり加速…
という形なので、"溜めが効く"というのも1つの重要な要素になり、スピードに
偏ったマイラー的な強さを示している馬の過大評価には注意したいところ。


好走の条件
・高い持久力があること
・末脚の持続力が必要


予想

◎アウォーディー
ゆったりとしたパワータイプで、目黒記念で好走した経験もあるように持久力は
しっかりと備えている馬。
もちろんダートの経験値が足りないという部分は否めないが、ここは芝スタート
&溜めが入るリズム…という点で、元々芝馬が力を発揮しやすい舞台。
それならば1枚抜けていてもおかしくない地力に、ここは期待してみたい。

○ダノンリバティ
ダート転向後の2戦は(一本調子に近い)持続力を発揮した形だったが、芝では
京都新聞杯で、前半からある程度脚を使いつつ→上がりをしっかりとまとめる
…ということが出来ていて、ここの展開にもやはり対応はしてきそう。
個人的には、本来は菊花賞で面白いかも…と思っていた馬なので、今ここに出走
していることはやや複雑な心境にもなるが、当然しっかりと注目しておきたい。

▲ランウェイワルツ
元々持久力は一定以上のものを示している馬だし、道中で溜めた分は上がりの
方に一応還元出来るタイプ。
今年に入って掲示板を外したレースは、道中を締めつけられてフラットな展開に
なったものばかりで、その逆の適性が問われるここには嵌っていいのでは。
勝ち切れるかどうかは微妙だが、とりあえず上位には普通にいそう。

注ナムラビクター
昨年もここでは2着しているように、純粋な持久力が問われるこの舞台には当然
あっているし、58kgという斤量もその時克服しているのだから、それ程問題には
ならないはず。
ただし基本的にはパワーに寄ったタイプなので、今回馬場の回復度次第では少し
忙しくなる可能性もあるため、評価としてはここまでとしたい。

△アメリカンウィナー
1900m以上は、ダートでは2戦しかしていないのだが、その一方の平安Sでは、
前半でしっかりと引っ張られつつ→道中で溜めるという展開を4着まで浮上して
来ているし、その時のパフォーマンスならばここでも普通に上位扱い。
今回は斤量も軽いし、圏内の候補としてはかなり面白そうな存在。
しっかり注目しておきたい。

△トウシンイーグル
昨年もここで3着しているし、前半でしっかり引っ張られつつ一旦溜めを効かす
(純粋な持久力が問われる)形は得意。
逆に道中の水準が高くなって→フラットな展開に近づいた場合の不安はあるが、
ダイオライト記念はもちろん、セントライト記念など長い距離への適性を示して
いる馬だけに、ここではやはり外せない…という感覚。

△マルカプレジオ
言うまでもなくこの舞台は得意だし、前半がかなり速くなっての粘り勝負でも、
前半ゆったり入っての上がり勝負でも全く問題はない。
当然、上位浮上の可能性は考えておかなければならない存在だが、今回はやはり
休み明け…という部分で、しっかり勝ち負けするところまで迫れるかは微妙。
感覚的には相手候補の1頭としておきたい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事