2015年10月25日日曜日

菊花賞展望 2015


予想
土曜の競馬を見る限りは、内でなければダメという程ではないものの、スピード
馬場であることは間違いない。
したがって2大ステップがともに緩い流れになった今年の場合、考え方としては
好タイム決着のダービーを素直に評価したい感覚。

◎サトノラーゼン
前走は、展開自体がスローからの完全な上がり勝負になったため、この馬の位置
取りからではさすがに難しかった。度外視。
それを除けば、ダービーで示した持久力と京都新聞杯で示した持続力を考えれば
実力&適性的にここでは普通に上位だし、とにかくハイレベル戦のダービー2着
馬が菊花賞で内枠確保…となれば、当然高い評価にすべき。
ここは素直に推しておきたい。

○タンタアレグリア
この馬の場合も、前走はスローな流れを浮上出来なかった…というだけなので、
とりあえずそこは度外視。
ダービーでは結果自体は中途半端な7着というものだったが、その時の道中~
上がりで示したパフォーマンスは、ここに向けてはメンバー中でも屈指の裏付け
ということになり、勝ち負けまで出来ても良さそうに思える。
少しパワーに寄り過ぎている点も、内枠ということで相殺…と考えたい。

▲ブライトエンブレム
とにかく、前半部分がどうしても遅く、道中~上がりのみで勝負…という馬で、
速過ぎずも遅過ぎない、常に安定した決め手を発揮している。
その手のタイプが、下り坂によって加速が後押しされる京都に嵌る可能性は十分
あっていいはずだし、感覚的にここはしっかりと注目したい。
最初のコーナリングで良いポジションを取れる可能性がある内枠を引いていれば
本命まで考えたのだが、どちらにしても浮上は十分出来ていいはず。

注リアルスティール
前走は、ゆったりした道中から、勝負所で一気に加速して→ラストが右肩下がり
…という、ラップの速い区間で後続が脚を使い過ぎてしまうような展開で、結果
的には逃げ馬にしてやられた格好。
したがってこの馬自身骨折からの休養明けだったことを考えれば、完敗という訳
ではないはずだし、ここでの逆転もあって良さそう。
裏付けはもちろん十分で、とりあえず確実に浮上はしてくるはず。

△リアファル
レースっぷりがかなり良く、馬体的にも十分に力は感じられる馬だが、とにかく
ここに向けての裏付けがない。
(それがなくて勝ち切ったのはビックウィークくらい)
もちろんそれは未知というだけで、実際にこなす可能性はあるのだが、強く推す
感覚には正直ならない。
(タイプは違うが)一昨年のバンデに近いようなイメージ的に、3着まででは。

△ミュゼエイリアン
元々は道中~上がり…という脚の使い方が出来る馬で、単純にそれをやると切れ
負けすることから→ポジションを上げることで結果を出した格好。
したがって本来ここでは先行策にこだわる必要はないはずで、マイペースを保つ
競馬であれば浮上出来て良さそうなのだが、実際には結局ハナ争いに加わりそう
…という(見る側としての)ジレンマ。
それでも見た目以上に距離をこなす一族(父系)だし、一応注目はしたい。

☆スティーグリッツ
とりあえずは古馬1000万クラスを勝ち切った…というだけでも、ここでは一定の
評価をしておくべきだが、その時は、持続力は十分なものを示しているものの、
全体的なパフォーマンスとしてはそれ程高いものではなかった。
枠もまずまずのところには入っているし、可能性としては考えたいが、人気程の
存在かどうかは微妙。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事