2015年10月18日日曜日

秋華賞展望 2015


予想
土曜の競馬を見れば、何はともあれ高速馬場。
当然スピード方面に寄せた考え方をする必要がある。

その点で(個人的な)データからは、このレースで勝ち負けする馬にはハッキリ
した特徴が見られて、(→近年で当てはまらないのはジェンティルドンナのみ)
それが今回当てはまっているのはレッツゴードンキとシングウィズジョイ。
及第点がクイーンズリングといったところ。

◎レッツゴードンキ
前走は、前半~道中がかなり速い展開になり、それを自ら引っ張りながら後方の
3頭以外はしっかりと抑え切った…という内容は強いの一言。
当然スピード&地力の点では何の問題もなく上位扱いでいいはずだし、持続力に
特化しているような適性面からも、秋華賞向きであることは間違いない。
今回も結局逃げることになった場合にどうか?というのはあるが、それでも今の
馬場であれば勝ち負け出来てもいいのかも。

○クイーンズリング
前走は、厳しい展開をある程度好位から5着に粘った内容で、今まで少し物足り
なかった地力面での裏付けを、ここに来てしっかりと示した格好。
対レッツゴードンキということに限って言えば、ほぼ完璧な競馬から差し損ねた
…という事実は重そうだし、2頭間での序列は変えようもないが、それでも他の
馬に対して示しているデータ的な優位性は変わらず、相手が本命なら、こちらが
対抗でも問題はないはず。

▲タッチングスピーチ
前走では、同じように浮上した3頭の中でも、この馬のみ最後伸び切った格好で
勝利していて、持続力という点での価値は十分に高い内容だった。
(真っ直ぐに力を使うルメールJならでは…という部分もある)
それでもここは、(臨戦過程として)ローズSを後方から外を回してくる競馬で
勝った馬が素直に結果を出せる舞台ではなく、可能性としてはどちらもあり得る
…くらいのイメージ。当然注目はしたいが、過剰な期待は控えたい。

注ミッキークイーン
実力は当然上位で、とりあえず同世代で戦う今回までは、条件に関わらず普通に
浮上はしてくるはず。
それでもここは、(この馬の持ち味の)"惰性"を活かすというよりも、最後まで
ある程度伸び切る必要がある舞台で、大外枠発走からそれが出来るかは微妙。
その点で、何かしらの工夫をするにしても、これまで内を捌く…とかはやって
こなかった馬。勝ち切るところまでは難しそうに思える。

△シングウィズジョイ
前走は、確かに負け過ぎの内容ではあったのだが、データ的には一応見どころが
あり、一昨年に大幅に馬体重を増やしていたローズS最下位から→秋華賞3着に
巻き返したリラコサージュの例との類似点が見られる。
実際にこの馬は(ラストの粘りの部分で)元々一定の強さは見せているし、好位
インからじっくりと進める競馬をすれば残る可能性もあっていい。
当然の不人気で、リスクは全くないのだから、注目しておいても損はないはず。

△トーセンビクトリー
前走は、上位3頭の中では先に動いている分(&少し煽りを受けた分)もあって
最後伸び負けた格好だし、他の2頭とも着差だけの実力差はないはず。
当然ここも十分に浮上して来られるだろうが、この馬の場合も、スピードの方に
条件が傾いて得をするタイプでは全くないし、結局同じような競馬をすることに
なれば、何頭かは差し損ねる結果に終わりそうなイメージ。
切るところまでは無理だが、ここは圏内候補までの扱い。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事