2015年10月17日土曜日

府中牝馬S展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.7-11.1-11.2-12.0-12.2-12.3-11.3-11.3-11.6
2013 13.1-12.0-12.8-13.1-12.8-12.2-10.8-10.7-11.3
2012 12.6-11.2-11.7-12.1-12.1-11.8-11.3-11.2-11.5
2011 12.6-11.2-11.6-12.3-12.4-12.1-11.3-11.5-11.8
2010 12.4-11.3-11.9-12.5-12.7-11.6-11.0-10.9-12.1
2009 12.6-10.8-11.2-11.6-11.9-11.9-11.2-11.5-11.9
2008 12.6-10.8-11.4-12.3-12.1-12.3-11.3-11.2-11.5
2007 12.8-10.9-11.4-12.2-12.0-11.8-11.2-11.2-11.9
2006 12.7-11.2-12.1-12.6-12.3-12.4-11.6-11.0-11.6
2005 12.8-11.7-11.9-12.3-12.0-12.1-11.1-11.3-11.5

過去10年の平均ラップタイム
12.69-11.22-11.72-12.30-12.25-12.05-11.21-11.18-11.67
1.46.29




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいで流れ、道中は極端ではない
ものの一旦落ち着く展開で、勝負所でしっかり加速する形の上がり勝負になる。

この舞台らしく、まずはしっかりした切れを発揮できることがここでは重要で、
適性面での基準は当然その部分に置いておきたいところ。

ただし、開催2週目の速い馬場で行われるため、(実質的な厳しさはなくても)
絶対的な水準はそこまで低くならないので、そのペースに"楽に"乗れるような、
軽いスピードを持ち合わせている必要はある。

その意味で、持続力など、ある程度マイラー的な資質を備えているタイプの方が
信頼は出来そうなイメージ。


好走する条件
・切れ&スピードへの対応力が必要


予想
土曜は1日中雨が降り続く予報。
今週こそ、(デフォルトよりも)パワー&持久力寄りにシフトして考えたい。

◎スマートレイアー
昨年もここでは接戦の末の2着に入っている馬だし、スピードはないものの切れ
(加速する力)はある…というタイプ的に、力が必要な馬場になりそうな今回の
条件はかなりの味方になりそう。
ペースにもあまり依らずにしっかり浮上してくるはず。これは推したい。

○パワースポット
"切れる"というよりも"止まらない"というタイプで、適性的にピッタリとここに
嵌る訳ではないのだが、今回一応スタミナ寄りの想定をしている中では、やはり
最後確実に浮上してくるイメージになる。
馬場の悪化具合と展開次第では、頭まで考えておきたい存在。

▲スイートサルサ
道中でしっかり脚を使いつつ→決め手を発揮出来るというタイプで、とりあえず
今回の条件にはピッタリ嵌っても良さそう。
ということで一旦は本命まで考えたのだが、昨年1、2着馬とほぼ同じくらいの
ポジションから進めながら、加速で完全に負けた…という事実から、ここまで。

注ケイアイエレガント
切れ&持続力をバランス良く備えていて、厳しい展開でも粘り込める地力のある
タイプで、その時の状況に対してオーバーペースにさえならなければ、常に残る
ことを考えておかなければならない存在。
今回は差しが決まる想定をしたためにこの評価だが、当然警戒はしておくべき。

△レッドリヴェール
繋の柔軟性があり、430kg台とは思えない大きなフットワークが持ち味の馬だが、
その分瞬間的な加速という点では構造的に後れを取りがち。
つまり方向性で言えば持続型で、実力は当然上位だが適性的には微妙な扱い。
それで1番人気というのなら、感覚的には少し下げたくなる。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事