2015年11月14日土曜日

武蔵野S展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.3-10.7-11.2-11.8-12.1-12.2-12.0-12.9
2013 12.3-10.9-11.5-12.1-12.1-12.3-11.9-12.2
2012 12.1-11.0-11.9-12.7-12.9-12.4-11.5-11.9
2011 12.2-11.2-12.0-12.0-11.8-11.4-12.2-12.4
2010 12.3-11.5-12.1-12.3-12.6-12.0-11.8-12.0
2009 12.4-10.7-11.5-12.0-12.2-12.1-12.0-12.6
2008 12.3-10.8-11.6-12.1-12.5-12.3-11.8-12.6
2007 12.7-10.8-11.8-12.1-12.4-12.0-11.7-12.0
2006 12.4-11.2-11.6-11.8-12.0-11.6-12.0-12.7
2005 12.5-10.8-11.2-11.2-11.8-12.1-12.9-12.7

過去10年の平均ラップタイム
12.35-10.96-11.64-12.01-12.24-12.04-11.98-12.40
1.35.62




傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見てみると、前半がかなり速く流れていて、その後道中も
なかなかスピードの落ちない展開になり、勝負所~直線で少しだけ加速しつつ、
ラスト1Fは落ちる形。

基本的にこの舞台では、前半~道中の速い展開になるために、持久力&持続力を
備えている…ということが、まずは必須の条件になる。

一方で、道中が落ち着いた展開になる年も中にはあって、特に近年はその傾向が
目立っている印象もあるので、ある程度速い上がりに対応できる脚も併せ持って
いる…という馬の方がやはり信頼感は増しそう。

脚質に関してはやはり前半のペースによるところが大きいものの、極端に後ろ
からではさすがに厳しいので、速いペースをある程度好位で受けられるタイプが
有利になっていて、結局は地力の高さが物を言いそうなイメージ。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎グレープブランデー
昨年の超ハイペース戦も58kgを背負って3着しているし、フェブラリーSの溜め
→切れという展開でもしっかりと好走していて、この舞台ではやはり1つ上とも
言える格を示してくる馬。
前走も水準の高いスピードレースで接戦を演じていて状態は問題ないだろうし、
同じ58kgならば背負い慣れたこちらを選んでみたい。

○ノンコノユメ
同舞台のユニコーンSの内容だけで言っても、既に古馬のレベルで十分に出来る
くらいのパフォーマンスになっているし、そこからの成長分があれば当然ここも
上位扱いでいいはず。
決め手を発揮しやすい馬場にもなりそうだし、浮上は確実だと思うが、3歳馬で
58kgという点だけは…やはり考えてしまう。

▲モーニン
前走の厳しい展開を正攻法で押し切った内容は強く、とりあえず地力は人気通り
しっかり認めておきたいところ。
問題は上がりの脚…という部分だが、4戦4勝なのだから、何かしらケチをつけ
ようとしても全ては仮定の話になってしまうし、とりあえず今回は55kgという
斤量を考えて、普通に好走してくるものとして扱いたい。

注タガノトネール
南部杯は、最内枠から逃げてロスなく回って来た形ではあるが、自身57.9-39.2
というラップを刻んでいる訳なので、映像からは淡々としているようでも実際は
なかなかのペースで進めて→2着に粘った…という扱い。
それを考えると、今回は外枠で条件は違っているが、現状やや低評価に感じる。

△フィールザスマート
前走は、かなり厳しい展開を最後しっかりと浮上して、復調気配を見せた格好。
(道中で極端に脚を使った)内容的にも、ここで5着に入った昨年と同じような
臨戦過程とも言えるし、そもそも状態がある程度戻っていると言うのであれば、
実績からして今の人気は低過ぎ…なはず。注目したい。

△ゴールデンバローズ
ユニコーンSは海外帰り…という条件だったので、ノンコノユメとの差は実際の
着差程ではないと考えることもできるし、そうなればパフォーマンス的にやはり
ここでも上位扱いにはなる。
ただし道中~上がりという部分の裏付け的に、評価としてはここまで。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事