2015年11月7日土曜日

みやこS展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 11.9-11.1-13.2-12.7-12.4-12.2-11.9-12.2-12.6
2013 12.1-11.1-12.1-12.0-12.4-12.7-12.2-12.3-12.3
2012 12.2-11.0-12.4-12.2-12.1-12.2-12.5-12.5-12.5
2011 11.9-11.0-12.3-12.0-12.3-12.2-12.1-11.9-12.7
2010 12.1-11.0-12.6-12.4-12.5-12.4-12.0-12.1-12.7

過去5年の平均ラップタイム
12.04-11.04-12.52-12.26-12.34-12.34-12.14-12.20-12.56
1.49.44




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見てみると、前半が相当に速く、道中も淀みのない流れになり、
そのまま勝負所までフラットに近い形から、最後だけ少し落ちる展開。

ここの特徴はまずは前半の速さで、その部分で引っ張られつつも後半に余力を
残すためには、やはり高い持久力を備えていることが必要になる。
また道中が緩まない流れから、勝負所も前掛かりな格好になるために、かなりの
スピード持続力も問われる。

脚質的には、絶対的な先行馬を除けば、一応様々なパターンでの好走が見られる
ので、それよりもここではやはり適性的な部分で、前半~道中のスピードに対応
できることを第一として考えたいところ。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎クリノスターオー
前走・エルムSの内容が、昨年と比べてはっきりパフォーマンスを落としている
格好なので多少気にはなるのだが、それでも平安SやアンタレスSでの内容は、
水準&形ともにここに直接的につながっていいくらいのものになっているため、
他の馬よりかはやはりこの馬を評価したくなる。
道中が落ち着く展開…とかも問題ないし、素直に期待しておきたい。

○ローマンレジェンド
タイプ的には、本来スピードよりも(純粋な)持久力を活かしたい馬ではあると
思うが、それでも過去にここを制しているように、スピードに寄った展開でも
高い裏付けを持っているのだから、序列としては当然上位の扱いになる。
鉄砲も全く気にする必要がない馬だし、普通に好走出来ていいはず。

▲モンドクラッセ
前走は、道中を極端に締めつけて→後ろの脚を消すという格好で圧勝していて、
その内容はもう強いの一言。当然ここでも地力上位でいいはず。
スタート直後からもう少し脚を使う形でどうか…という部分もあるが、3走前の
内容から、一応はこなせるものと考えたい。可能性としては頭まで十分ある。

注ダノンリバティ
前走は、ラスト4Fから一気に仕掛けるような内容だったので、最後少し離された
ことは仕方がないし、勝ち馬との差もそこまではないはず。
タイプ的に、あまりスピードに寄って得をする馬だとは思わないが、今回は一旦
落ち着く展開もあり得るので、やはり一定の評価はしておきたいところ。

△カゼノコ
タイプ的には、スピードよりも(シリウスSのような)純粋な持久力が問われる
形の方が合っていて、本来はここに対しては適性微妙なのだが、少頭数で道中が
落ち着くようであれば、浮上するケースも考えられる。
その方向では一旦世代の頂点に立った存在でもあるし、しっかり注目はしたい。

△エーシンモアオバー
地方のレースを除けば、近5戦中4戦がエルムSという馬が、何故ここに矛先を
向けたのかは定かではないが、実際にそこに適性を持っているが故に、スピード
面では侮れない存在だし、ここに嵌る可能性は考えられる。
モンドクラッセとハナを争うようなら、むしろ残りそうな雰囲気でもある。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事