2015年11月29日日曜日

ジャパンC展望 2015


予想
今回の場合、人馬ともに、メンバー的には速くなりそうな雰囲気が全くなくて、
尚且つ土曜の競馬を見る限りは、内先行~中好位くらいがハッキリと良さそうな
馬場にも思える。

そうなると、ある程度好位から→速い上がりでしっかりと押し通せるタイプが
中心になりそうで、そこに後方から究極的な決め手を発揮出来るタイプが最後に
絡む…くらいのイメージ。

◎ミッキークイーン
前走・秋華賞の、勝負所を狭い馬群の中で踏ん張って→直線しっかり押し切った
…という内容は、これまでとは一線を画しているような印象があって、これは
地力の面でやはり認めたくなる。
(レベルが違うが、3歳のJCでのジェンティルドンナのような…)
その時の経験を活かして、今回少しでも好位から進める格好になれば、適性的な
前進が見込めるこの舞台で勝ち負け出来る可能性は十分にありそう。
素直にラブリーデイを選択する手ももちろんあったが、選ばずに勝たれた場合に
後悔しそうなのはこちら…という意味での本命。

○ラブリーデイ
タイプとしては、(個人的に)フェノーメノに近いようなイメージがある馬で、
その本質はやはり切れよりも(柔軟性のある繋に由来する)持続力。
その点で、天皇賞は持続型の上がり勝負だった…というような見方ができるし、
少なくとも東京2400mに替わって前進とはならないはず。
馬場&枠という条件面での恵まれがあるので、結局勝ち切ってしまう可能性も
もちろんありそうだが、このタイミングで評価してもこれまで穿った見方をして
きた人間としては(この馬に関してはどのみち)完敗としか言いようがない。
ならば負け続けたとしても最後まで逆らいたい。

▲ショウナンパンドラ
天皇賞は、道中である程度脚を使いつつ→上がりでしっかりとした決め手を発揮
して浮上した格好で、距離延長&JCというレースに向けては普通に前進があり
そうな雰囲気。
それでも今の馬場で全てをまとめて交わし切ることが出来るのか…ということを
考えた時に、結局自信を持って推せるところまではいかなかった。
可能性は当然考えたいが、評価としてはここまでに止めたい。

注トリップトゥパリス
コーフィールドカップ2015(2着)自身上がり6Fラップ
12.80-12.30-11.93-11.69-11.41-11.62

メルボルンカップ2015(4着)自身上がり6Fラップ
13.27-12.83-11.87-11.35-11.22-11.85

他のどの馬よりも長い距離のG1を勝ち切っている馬なので、一定の持久力は
とりあえず認めておきたいところ。
また今回、外国馬の人気は凱旋門賞5着馬の方にやはり集まっているが、待って
待って→ラスト2Fで全力加速の凱旋門賞よりも、オーストラリアのラップの方が
(ラスト3Fから全開!という)今の東京にはつながりそうな雰囲気。
内枠からある程度高めの位置取りにつけて、ロスなく回ってくるようなら。

△サウンズオブアース
タイプ的には、東京で切れを発揮する…というイメージではないし、感覚的には
さすがにこれ以上強くは推しづらい。
それでも元々示している持久力に加えて、前走ではしっかりとした決め手を発揮
出来ている訳なので、今回その時と同じく高めのポジションにつけるような競馬
であれば、残る可能性はやはりあって良さそう。

☆カレンミロティック
持久力という点では普通に上位の馬だし、今回展開的にはある程度恵まれそうな
雰囲気でもあるので、残る可能性はもちろんありそう。
それでも上がりの性能の部分では、やはり周りの馬とは差がありそうなイメージ
にはなるので、掲示板前後が妥当…なのかも知れない。

☆ゴールドシップ
実力に関しては何も言うことはない。
ただ、ここなのか?というだけ。

☆イラプト
凱旋門賞2015レースラップ(5着)
88.78-24.19-11.95-10.76-11.55(上がり3F:34.26)

ラスト3Fまでがほぼ12秒フラット…という溜めに溜めたような内容。
それをある程度好位の内からなだれ込んだ格好だと、正直その実力を認めていい
のかどうか…という感覚にはなる。やや静観。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事