2016年4月3日日曜日

ダービー卿CT展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.3-11.5-11.8-11.1-11.3-11.6-11.7-10.9
2014 12.6-10.9-11.3-11.3-11.8-12.1-12.1-12.5
2013 12.4-10.7-11.2-11.2-11.8-11.7-11.8-11.8
2012 12.2-11.3-11.9-12.0-11.4-11.6-11.8-11.3
2011 12.7-11.4-11.5-12.0-11.8-11.0-11.0-11.9 阪神開催
2010 12.4-11.8-12.1-12.0-12.0-11.4-11.1-11.5
2009 12.4-11.3-11.5-11.6-11.9-11.5-11.7-11.8
2008 12.7-12.0-11.3-11.8-11.8-11.6-11.3-11.7
2007 12.6-11.3-11.1-11.2-11.5-11.6-11.7-12.1
2006 12.7-11.3-11.1-11.4-11.6-11.5-11.4-11.4

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.48-11.34-11.48-11.51-11.68-11.62-11.62-11.67
1.33.40




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペースで流れて、道中はこのコースらしく
全く淀みのない展開になり、そのまま最後まで速いスピードを維持する形。

ここの特徴は、基本的に道中が緩まない…という部分で、全体としてフラットな
レース展開になりやすいため、当然のようにスピード持続力が必須となる。

それに加えて近年に関しては、前半のスピードがなかなか上がらない展開が増え
つつあって、(道中のスピードに耐えられることを前提として)しっかりとした
決め手を発揮出来るタイプにも注意を払っておきたいイメージ。


好走する条件
・スピード持続力&決め手があること


予想

◎サトノアラジン
道中の締まった展開への対応という点では、モンゴル大統領賞やエプソムCで
一定水準はクリア出来ているし、決め手という点でも、完全な上がり勝負だった
マイルCS4着というのは、これ以上ない裏付けになっている。
海外帰りの休み明けではあるが、馬体からは、状態はしっかり出来ているように
見えるし、ここは素直に推しておきたい。

○エキストラエンド
昨年このレースでは4着、同舞台の京成杯AHでも2着に入っていて、道中が
極端に締まった前者と落ち着いた後者のどちらにも対応している…ということに
なるので、ここでも信頼度は高め。
それでいて人気がこの程度に落ち着くのであれば、感覚的には当然上位に扱って
おきたくなる。

▲インパルスヒーロー
昨年ここでは3着して、突き抜けた1頭はさすがに強過ぎだが、そこからは少し
離されているこの馬でも、十分に高いパフォーマンスを示している。
直前の同舞台・東風Sも勝ち切っていて、状態は問題なさそうだし、その中での
今の人気はさすがに甘過ぎに感じる。

注キャンベルジュニア
前走は、締まった展開を番手から進め、道中で相当に脚を使いつつ→上がりも
全く止まらずに押し通しての完勝。
馬体&走法などからは、この舞台で極端にスピードに寄った場合に、少し忙しく
なる可能性もあるが、今回は斤量も恵まれているし、基本は積極的に考えたい。

△ダッシングブレイズ
リゲルSや500万下の、高い水準で道中を進めつつ→しっかり決め手を発揮した
内容を考えると、ここの展開をこなせる可能性は十分にあって良さそう。
これまでのパフォーマンス的には、前半をゆったりしたいタイプではあるので、
届くかどうか?という展開次第のところはあるが、とりあえず注目はしたい。

△ロゴタイプ
前走は、結果自体は7着だが、道中が相当厳しい展開を好位から進めた格好で、
それでも大崩れはしなかった…という部分でむしろ評価してもいい内容。
今回は(当然の)トップハンデ58kgを背負い、外枠からの競馬…という厳しさが
あるので、評価としてはここまでだが、可能性はやはり考えておきたい。

△テイエムタイホー
六甲Sでは、道中~上がりでしっかりと高いパフォーマンスを発揮しているし、
ここの展開は十分こなせる範囲だと思える。
とりあえずは、同年の京都金杯2着の馬が、前走大敗したとは言え、まだ3ヶ月
しか経っていない時期のレースでここまで人気を落とす…というのには違和感。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事