2016年6月26日日曜日

宝塚記念展望 2016


予想
今開催は(春もだが)スピードに寄った速い馬場…という印象が強かったが、
天候が崩れたことで、ここへ来てついに阪神らしくなってきた。

日曜はしっかり晴れの予報なので、ある程度は回復するかも知れないが、やはり
ここはパワー馬場想定で考えたい。

結論から言えば、実力&適性ともに高いの◎の下で、適性高い○~注と実力高い
△が争う想定。
(総合点で○~注⇔△の間で差はないが、ならば当然人気薄を上にとりたい)

◎ドゥラメンテ
久々の中山記念を、相当に高いパフォーマンスを発揮して快勝して、ドバイSC
でも、直前の落鉄によって裸足で走りながらも、崩れずにしっかり2着は確保。
元々切れ勝負よりも地力勝負の方が結果を出しやすく、地脚のかなり強いタイプ
だけに、ここに対する適性面でも不安は感じない。
したがって問題は海外帰りの状態という1点だけだが、今回の馬体を見れば正直
気にする必要もなさそうに思えるし、そもそも、最早それだけでは下げるまでの
要素にはならない。そのくらいのレベルの馬。当然推したい。

○シュヴァルグラン
持久力&持続力はしっかり高いものを示していて、タイプ的にもパワーに寄って
いる印象を受けるので、適性的にここには十分はまって良さそう。
元々この馬に対しては、京都2歳Sの、勝負所で置かれて→ラストで猛然と追い
込んで来た内容などから、ゴールドシップに近いイメージを持っていたのだが、
一時的に表舞台から姿を消したことから「勘違いか…」と少し諦めていた。
しかし実力をつけて、再度重賞戦線に姿を現した今のイメージとしては、やはり
近いものが感じられるし、それならばここではやはり注目したくなる。

▲サトノクラウン
前走の香港では崩れた格好だが、前々走の道悪の京都記念では、好位から道中を
かなり高い水準で進めつつ圧勝していて、そこで示した持久力&持続力は普通に
ここでも上位に扱える。
タイプ的にも、スピードや切れというよりも、地力や持続力という方向なので、
この舞台にはまっていいはずだし、現状、必要以上に人気を落としていることを
考えれば、当然ここは積極的な評価をしたくなる。

注サトノノブレス
前走は、道中がかなり締まった展開になり、その流れに好位からしっかりとつき
合いつつ→直線もそのまま押し切る…という強い内容。
元々持久力&持続力は一定以上のものを示している馬で、ここの展開自体は十分
こなせていいだろうし、とりあえず可能性としては当然考えておきたい存在。
近年鳴尾記念からはしっかりつながっている中で、恵まれでは全くない勝ち馬が
10番人気というのはさすがに甘く感じる。

△アンビシャス
スローからの切れ勝負になった前走はともかく、道中~上がりで相当な持続力を
発揮した前々走は文句なく強く、地力ではやはり上位扱い。
ただし馬体&走法のイメージからは、この舞台に対してはスマート過ぎるように
感じる部分もあって、本来はもっと素直に性能が問われる舞台の方が合うはず。
前走積極策で結果を出した…という点でも、それを受けて今回はどうするのか?
分からないし、場合によっては裏目に出る可能性もある。微妙。

△キタサンブラック
天皇賞は、枠的に恵まれた部分はあるのもの、道中をしっかり高い水準で進めた
格好での勝利で、(それまでは微妙だった)データ的にも地力を十分に裏付ける
ようなパフォーマンスだった。
当然、純粋な持久力という点ではここでは上位になるが、(スピードで削られる
ような)中距離に特化した持続力という点での懸念はまだある。
軽視はもちろんできないが、人気程の信頼もここでは現状できない。

△ラブリーデイ
元々持続力はしっかりと示している馬だし、現在状態を落としている…という訳
でもないので、これよりも下の評価というのはあり得ない。
しかし、勝ち切った昨年は、展開があまりにも特殊な形だったので、それをその
まま信用するのは難しいし、その時ほどの勢いがある訳でもない現状で、(元々
個人的に微妙だと思っている)パワー馬場をこなせるのか?という懸念もある。
当然ある程度粘り込みはするだろうが、勝ち負けは微妙かも。

☆タッチングスピーチ
基本的には間に合うかどうか…というタイプなので、ここ2走はともに上がりの
速い展開で難しかったが、(同じ内回りでも2000mとは全く違って)前半が速く
前には厳しくなりがちの2200mでは、間に合う可能性はとりあえずある。
このメンバー相手だと単純に地力で厳しい部分もあるだろうが、適性的には、
そこそこの着に浮上しても良さそうな雰囲気ではある。

☆ヒットザターゲット
前半引っ張られ過ぎないことが条件になるが、そこさえしっかり受け流せたら、
道中~上がりで強力な脚を持続できる…というタイプ。
その点、一昨年4着した時は、前半がゆったり入った展開だったので、そこまで
信用できない訳だが、同じような展開には絶対にならないとは言い切れないし、
可能性としては一応頭の片隅に置いておきたい。あくまで一応。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事