2016年8月13日土曜日

関屋記念展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 13.2-11.5-11.7-11.5-11.4-11.2-10.7-11.4
2014 12.6-10.9-11.4-11.6-11.6-11.5-10.8-12.1
2013 12.3-10.7-11.5-11.7-11.7-11.8-10.8-12.0
2012 12.2-10.9-11.9-12.0-11.7-11.1-10.4-11.3
2011 12.5-10.5-11.5-11.7-11.6-11.8-10.9-12.1
2010 12.7-11.3-12.2-12.0-11.5-10.6-10.3-12.3
2009 12.2-10.8-11.6-12.3-12.1-11.3-10.7-11.7
2008 12.6-11.3-12.1-12.3-11.6-11.0-10.0-11.9
2007 12.8-10.6-11.0-11.2-11.7-11.8-10.3-12.4
2006 12.9-11.0-11.7-11.7-11.7-11.3-10.1-12.1

過去10年の平均ラップタイム
12.60-10.95-11.66-11.80-11.66-11.34-10.50-11.93
1.32.44




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は緩むという
程ではないものの形としては一旦落ち着く展開となり、直線でしっかり加速して
上がりはかなり速くなる。

ここでは、舞台のイメージ通りにやはり切れがあって、上がりの性能そのものが
高いということがまずは重要で、展開頼り…というだけの馬ではなく、自ら押し
進んで行けるようなタイプが中心になることは間違いない。

ただし道中の水準自体はイメージ以上に高くなっていて、単純に上がりのみに
注目するというよりかは、追走部分で(脚を使わされないで)楽に進められる
だけの持久力を備えている…という点も重視しておきたい。


好走する条件
・一定の持久力は必要
・切れ&末脚(トップスピード)の持続力があること


予想

◎タガノエトワール
清水Sでは、自身も前傾の内容を示して強い勝ち方をしているように、スピード
方向でこそ…というタイプ。
その後(2000m以上の)スタミナ色の濃いレースでは完敗を喫しているものの、
それらを除けば、チャレンジCでは高いパフォーマンスを見せているし、前走は
久々のマイル戦でやや不利な内目の枠を引きながらも浮上。状態はいいはず。
ここに対する裏付けがしっかりある馬が2桁人気ならば、当然強く推したい。

○ヤングマンパワー
昨年ここでは3着しているし、元々アーリントンCを勝って→NZTを負けた
…という経歴を持つタイプ的にも、この手の舞台には合っているはず。
近走は、やや適性的にズレがあるように見えるレースでもしっかり結果を出して
いるし、当然今年も好走は十分に考えられる。
妙味がある相手を本命にはしたが、普通に頭まで考えておきたい。

▲ダンスアミーガ
前走に関しては、枠などの条件面で恵まれた部分もあったとは思うが、そこでの
好走を単純に「状態が上向いてきた」と前向きに捉えるならば、元々長岡Sで
相当に高いパフォーマンスを示しているこの舞台では、やはり注目しておきたく
なる…という存在。(ここで言う長岡Sは勝った年の方)
どちらにしろ、半年間の低迷期を除けば、2桁人気は絶対に相応しくない。

注ケントオー
タイプ的には、地脚の強さが売りという馬には思えるので、スピードに寄った
イメージのこの舞台にピッタリという訳にはいかない。
それでも近走の内容(特に前々走)から、単純に地力で上位というのは間違い
ないだろうし、個人的にどうしても怖さを感じてしまう存在。
微妙とは考えつつも…切れない。

△マジックタイム
切れやスピードという方向に寄っていいタイプではないし、適性的には少しだけ
ズレている印象は受ける。
ただし、前走やダービー卿CTの内容からは、普通に地力上位という扱いには
なるし、中団の少し高めのポジションから→上がりをまとめることは十分出来る
馬なので、可能性としては結局捨てられない…といったところ。

△マジェスティハーツ
1年近くあまり結果が出ていなかったが、鳴尾記念ではしっかりと5着に浮上。
得意条件ならば結果を出せる…という状態だとすれば、ここは昨年2着した舞台
だし、やはり注目しない訳にはいかない。
頭数が揃ったこともあり、昨年のようなペースで進むとは思わないが、可能性
としては一応。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事