2016年8月27日土曜日

新潟2歳S展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.5-11.0-11.9-12.2-12.3-11.9-10.6-11.4
2014 12.5-11.0-11.7-11.9-12.0-11.3-11.0-12.0
2013 12.5-10.8-12.0-12.6-12.8-11.5-10.9-11.4
2012 12.6-10.8-11.7-11.8-12.0-11.7-10.8-12.1
2011 12.8-11.1-12.1-12.3-12.4-11.3-10.2-11.6
2010 12.9-11.0-12.1-12.3-12.0-11.4-11.1-11.7
2009 12.6-10.5-12.0-12.7-12.8-11.6-10.4-11.8
2008 12.5-10.6-11.6-12.5-12.9-11.7-11.1-12.5
2007 12.8-10.7-12.1-12.3-12.1-11.5-10.6-12.0
2006 12.8-10.8-12.4-12.7-12.6-11.2-10.8-11.9

過去10年の平均ラップタイム
12.65-10.83-11.96-12.33-12.39-11.51-10.75-11.84
1.34.26




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れになって、
道中はさすがに緩む展開で、勝負所ではかなり加速して上がりが速くなる。

このレースは、ゆったりした道中から→しっかり加速という形がやはり基本で、
単純に速い上がりに対応できる…ということがまずは重要。

ただし、前半がある程度速くなる場合もあるために、単に前有利な上がり勝負
という訳ではなく、前半~道中を一定水準以上で進めて→尚且つ直線で一味違う
決め手を発揮する…という、総合力勝負のイメージが強い。

したがってここでは、上がりの性能に基準を置きつつ、地の強さや底辺(純粋な
持久力)の高さを(ラップには表わされていない場合も多いので"暗に"も含め)
示しているタイプを選びたい。


好走する条件
・一定の持久力&決め手があること


予想

◎ヴゼットジョリー
新馬戦では、まずまず高い水準の中で、形としてはしっかりと溜め→切れを発揮
出来ているし、フットワークの良さを感じられるタイプなので、距離延長しての
前進は十分にあり得る。
地の強さという部分ではまだまだだが、ここはセンスを買って、強く推したい。

○モーヴサファイア
新馬戦は、道中がかなり締まった展開になり、その流れにある程度つき合う形で
押し切った強い内容で、高い地力を示した格好。
タイプ的に、切れという点では少し懸念もあるが、それなりに厳しいこのレース
では、周ってくれば普通に上位にはいそう。

▲マテラフィールド
今回、唯一未勝利での参戦だが、新馬戦での、道中をかなり高い水準で進めつつ
→上がりをまずまずまとめた内容と、前走で示した決め手の合わせ技で、可能性
としては十分あって良さそう。
さすがに人気もしづらい立場だし、ここはしっかりと注目しておきたい。

注イブキ
新馬戦は、一応前半である程度脚を使う形から→後半の大きな加速にも対応して
押し切った格好で、しっかりと溜めが効くところを示した。
あまり器用そうではないイメージからは、距離短縮は微妙な雰囲気もあるが、
そこは気性面との相殺ということで、今回は目を瞑って上位扱いにしたい。

△ウインシトリン
新馬戦は、前半~道中をまずまずの水準で進めつつ、(勝負所は置かれ気味では
あったものの)右肩下がりの直線をしっかりと浮上。
一応中身の良さを感じられるような内容だった。
切れは微妙だが、終いが崩れるような展開ならば出番があるかも知れない。

△アンジュシャルマン
新馬戦では、かなり厳しい展開を、積極的な競馬からしっかり押し切っていて、
その地力の高さは十分に認められる。
内容的には、適性の部分でここにつながるとは言いづらいが、実力である程度
こなす可能性はとりあえず考えておきたい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事