2017年1月4日水曜日

京都金杯展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.3-10.9-11.4-12.2-11.6-11.3-11.6-11.7
2015 12.7-11.3-11.6-11.9-11.3-11.1-11.1-11.8
2014 12.4-11.0-11.3-11.9-11.5-11.3-11.4-11.7
2013 12.4-11.2-11.7-12.1-11.6-11.5-11.2-11.8
2012 12.2-10.5-11.1-11.9-11.9-12.0-11.5-11.8
2011 12.3-11.3-11.8-12.0-11.4-11.2-11.4-12.0
2010 12.0-10.6-11.6-12.2-11.8-12.3-11.3-12.3
2009 12.6-10.7-11.2-11.8-11.6-11.9-11.4-11.7
2008 12.5-11.4-11.4-12.3-11.4-11.3-11.2-12.1
2007 12.3-11.2-11.7-12.2-11.6-11.0-11.6-12.3

過去10年の平均ラップタイム
12.37-11.01-11.48-12.05-11.57-11.49-11.37-11.92
1.33.26




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペース~やや速い流れ、道中は極端に高い
水準ではないが一応締まった展開になり、ラスト4Fからある程度速いスピードを
維持しつつ、ラスト1Fだけ少し落ちる形。

このコースらしくスピード持続力の戦い…といったところだが、前半が極端に
速くなるということは稀で、過去の例では好位の馬がそのまま押し切る形が
比較的多くなっている。(もちろん開幕馬場というのも大きいはず)

したがってここでは基本的に持続型の先行馬を軸としつつ(中途半端に前を
追い掛けて無駄脚を使った馬が最後に止まることを想定して)そこに直線まで
溜めて周りとは一味違う決め手を発揮できるタイプが絡むというイメージ。


好走する条件
・スピード持続力があること


予想

◎エアスピネル
イメージ的にはどう考えても1600~2000mという馬が、クラシックに全て参戦
して、皐月賞&ダービーでは逆境の立場ながらも好走して、最終的には(鞍上の
好プレーがあったとは言え)菊花賞までこなした。
これはもう、その実力に疑いなど持ちようもないし、ここは当然上の扱い。
本来G3のハンデ戦に出てくる馬ではない。普通に勝ち切る方向で考えたい。

○フィエロ
高い地力とこの舞台への適性は当然示していて、普通に考えればどうやっても
上位の扱いになる。
もちろん今回はトップハンデを背負うが、他の有力馬と比較してそこまで厳しい
印象にはならないし、枠も良い所を引いた。
普通に周って来れば問題なく浮上するはず。期待しておきたい。

▲ダンツプリウス
前走は、前半の厳しい展開に好位からかなり引っ張られた格好で、結果は頭から
1秒差の6着でも、良く粘った方の扱いになる。
(切れ勝負もこなすが)どちらかと言えば持続力勝負の方がいいタイプだし、
上がりの脚という点で京都向きとは言い切れないものの、ミドルペースくらいで
入れれば粘り込む可能性は十分にありそう。注目しておきたい。

注アストラエンブレム
今のところの印象では切れ勝負の方がいい…という雰囲気ではあるが、厳しい
展開だった同舞台・シンザン記念でも強い内容を示しているし、NZTでも特に
崩れている訳ではない。
ここでは、いつものような高い位置取りだと、少し脚を使い過ぎる可能性がある
ため、そこにあまりこだわらなければ…という条件で、浮上は普通にあるはず。

△ケントオー
道中~上がりで高いパフォーマンスを発揮出来る馬で、持続力に寄ったタイプ
…という部分では、とりあえず適性的には合っている。
(米子Sで見せたような)ダンスインザダーク産駒らしい地脚の強さを活かす
ためには京都よりかは阪神という印象だが、今回は内枠を引いたので、ロスなく
捌くような騎乗をすれば、可能性としてはあっても良さそう。注目はしたい。

△ブラックムーン
前走では、道中~上がりで高いパフォーマンスを発揮していて、その時の内容で
あれば、ここでも普通に上位に扱える。
ただし、内先行にかなり厳しくなった展開を、後方大外から突き抜けた格好では
あるため、開幕週のここでその再現は少し難しいかも知れない。
浮上は普通にして来てもおかしくないが、勝ち負けまではどうか。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事