2017年1月7日土曜日

シンザン記念展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.5-10.9-11.4-11.5-11.8-12.3-11.7-12.0
2015 12.6-11.3-11.8-12.5-11.9-11.5-11.5-11.7
2014 12.2-11.5-11.8-12.4-11.8-11.3-11.0-11.8
2013 12.2-11.0-11.4-12.0-12.0-11.9-11.5-12.3
2012 12.2-11.1-11.7-12.2-11.6-11.9-11.7-11.9
2011 12.2-11.2-11.7-12.1-11.6-11.2-12.0-12.0
2010 12.5-11.1-11.5-12.2-12.1-12.1-11.4-11.4
2009 12.5-11.0-11.6-12.1-12.2-12.6-11.5-11.8
2008 12.1-10.7-11.3-12.1-12.2-11.9-12.3-12.8
2007 12.6-11.2-11.8-12.3-12.3-11.7-12.0-11.2

過去10年の平均ラップタイム
12.36-11.10-11.60-12.14-11.95-11.84-11.66-11.89
1.34.54




傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペースで流れ、道中は一旦落ち着く
展開、その後3~4コーナーから直線に掛けて徐々に加速していき、ラストまで
ある程度のスピードを維持する形。

さすがに若駒のレースなので、道中がビッシリ締まる形にはならず、じっくりと
ペースアップして、ある程度上がりが速くなる。
そして最後までそれ程ラップが落ちないため、持続力が問われることになる。

また馬場の良い状態で行われることもあり、他の馬に先駆けて動ける、もしくは
ある程度好位につけられる…ということも重要で、意味合いとしては、純粋な
スピード性能を競うレースだと言えそう。


好走する条件
・持続力が必要
・切れor先行力があること


予想

◎トラスト
これまでに示している地力では当然上位の存在。
前走&前々走は、どちらも基本的に切れ負けと考えていいし、負けたことよりも
その手の展開でも崩れなかったことをまずは評価したいところ。
今回、展開が持続力勝負の方に寄って前進を示す可能性は十分に考えられるし、
一応相手弱化なら普通に押し切れてもいいはず。期待しておきたい。

○アルアイン
前々走は、新馬戦としては高い水準のレースを、前半から脚を使う格好で勝ち
上がって、前走は、暮れの阪神の内馬場をしっかりと伸びて、パワー&地力を
見せた格好での勝利。
今回の(裏付けがやや薄い)メンバーの中では、一応最もここへつながりそうな
パフォーマンスを示している馬。地力で相手を上としたが当然頭まで考えたい。

▲マイスタイル
前走は、前半である程度しっかりと脚を使いつつ、溜め→切れを発揮する形での
勝利で、道中水準も低くなく、一定の地力は示した格好。
そのパフォーマンスから一旦は本命まで考えたのだが、ここのレベルの(道中の
絶対的な)スピードを経験していない分、信頼はし切れない…という意味での
3番手評価。もちろん可能性としては頭まで。

注キョウヘイ
前走は、道中~上がりで高いパフォーマンスを発揮していて、(鞍上が勝負所を
じっくりと進めたことも大きいが)最後もしっかり伸び切って良く詰めた内容。
今回京都に替わって、その時のような悠長なことをしていたら流れに乗り遅れる
可能性もあるが、ある程度しっかり地力が問われる展開になれば、普通に浮上は
して来そう。注目しておきたい。

△ペルシアンナイト
前走は、勝負所でしっかり動きつつ→直線も最後まで全く落とさずに押し切った
格好で、持久力&持続力を垣間見せるような内容だった。
当然ここも好走は考えられるが、前半のスピードという部分で、ここの流れでは
前半で無理をするかor位置取りを下げる必要があるため、とりあえず今までより
厳しい競馬になることは確実。それで1番人気ならむしろ他に期待したくなる。

☆ブレイヴバローズ
前走は、締まった展開に引っ張られつつ、好位からしっかり持続力発揮して押し
切った格好で、その内容は当然評価しておきたいところ。
1400mで前傾の内容で勝ち上がった馬なので、上がりの部分の心配は当然あるの
だが、内枠発走からロスなく周って来れば、粘り込む可能性は一応ありそう。
圏内候補の1頭としては注目しておきたい。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事