2018年4月15日日曜日

アンタレスS展望(ラップ傾向&予想)2018



過去のラップタイム


2017 12.5-10.8-13.0-12.5-12.4-12.1-12.1-12.0-12.5
2016 12.4-10.7-13.1-12.1-12.1-12.1-12.2-12.3-12.9
2015 12.7-11.0-12.6-11.8-12.0-12.1-12.1-12.3-13.0
2014 12.7-11.0-13.1-12.5-12.7-12.5-12.1-11.9-13.0
2013 12.4-10.7-13.2-12.7-12.6-12.2-11.9-11.5-12.5
2012 12.5-10.4-12.4-12.6-12.6-12.1-12.2-12.1-13.0

過去6年の平均ラップタイム
12.53-10.77-12.90-12.37-12.40-12.18-12.10-12.02-12.82
1.50.08




ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去の平均ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいで、
道中はコーナーで一旦落ち着きつつも淀みなく流れて、上がりは早めの仕掛け
から→ラスト1Fがしっかりと落ち込む形。

舞台が替わってから、とりあえず道中に関しては、(極端に)締まった展開
&緩んだ展開がともに複数あって、正直年によってのバラつきが大きい。
(→結果的にならされて平均はフラットな形だが)

それでも、スタートである程度引っ張られて→1~2コーナーで一旦落ち着く
…という部分は(コース自体の傾向からも)共通していて、その後のペースが
どうであれ、レースを通してスピードで押し通すようなリズムにはならない。

つまり「メリハリのつく展開への対応力」を持っていることはある程度重要に
なるはずで、その意味では比較的長い距離が得意な馬に向きそうなイメージ。

またレース後半に関しては、積極的に仕掛けていく形になりやすく、ラスト4F
辺りからしっかりと脚を使える…というのは1つの大きな武器になるはずで、
末脚の持続力に優れたタイプにはやはり注目しておきたいところ。


好走の条件
・道中で溜めが効くこと(≒純粋な持久力が高い)
・末の持続力があること




予想

レースの時間帯には上がりそうだが、とりあえずは雨。
↑傾向で言えば平均に近いイメージで、スピード(持続)方向に傾くものと
して考えたい。

◎トップディーヴォ
単純に、重馬場で勝ち切っているパターンがとても多い馬。
展開的にはオールラウンダーに近いが、とりあえずレースを通して平均的に
脚を使えるタイプで、そのことがスピードに乗りつつ→上がりをまとめられる
…という、脚抜きのいい馬場での好走条件にはまるイメージ。
ここ2戦も全く悪い内容ではないし、高いレベルをキープ。推したい。

○ロンドンタウン
昨年2着。海外遠征後、明らかに物足りない結果に終わっていたが、前走は
まずまずの内容で一応浮上。復活気配を感じられた。
スピード持続方向ということであれば、この馬は日本レコード保持者。
言うまでもなく適性的にはまるし、ここで前進を示す可能性は十分。
もう少しだけ内枠ならもっと良かったが、悪くはないし、力は出せそう。

▲メイショウウタゲ
前走は、休み明けで、出遅れて後方からの競馬。道中も極端に脚を使う形で
→最後止まった…というだけ。度外視。
本来はもっと高いポジションを取れる馬だし、不良馬場のブラジルCでは、
締まった展開をしっかり勝ち切っていて、その内容はここにつながっていい。
人気も全くしていないし、ここは注目してみたい存在。

注グレイトパール
強いのは分かっている。それも抜けて強いことは。
それくらいに平安Sのパフォーマンスは断トツだったし、その時のメモには
ダート版サトノダイヤモンド…などと書かれている。(記憶はないが)
それくらいに衝撃が大きかったのだろうし、かなりゆったりとした(純粋な)
持久力タイプ…という部分も、おそらく含んでの記述だとは思う。
ただその意味で言うと、スピードに特化した方向では、適性的に微妙な部分が
あるし、今回は故障しての休み明け。まずはここを見てから。

△ミツバ
チャンピオンズCでも、(不利な)外を回す形から→しっかり浮上している
ような馬なので、地力は当然上位。
元々は持続力に特化していた(→徐々に適性の幅を広げた)タイプなので、
フラットな展開自体は悪くないはずだが、他も止まらないスピードレースでは
外を回しつつ→間に合うかどうか…。今回は相手まで。

△クインズサターン
元々8Fで、上がりをしっかりとまとめる形で浮上出来ているタイプなので、
スピード方向という条件はいいはず。
ただし今回、外枠を引いて、四位Jへの乗り替わり。
位置取りが上がることはあまり期待できないし、スピードを活かす方向に向く
とは考えづらい。注目はしたいが、あくまで相手候補の1頭。

△ナムラアラシ
前々走の、道中~上がりで示したパフォーマンスは高いし、実力では重賞でも
普通に出来ていい。
ただし、しっかりした決め手を発揮した経験もあるものの、基本的には、他が
最後落ちたところで交わしているイメージで、多少展開待ちの部分がある。
その点スピードレースでどうか?というのはあるし、今回は捌きも大変そう。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。