2018年4月21日土曜日

マイラーズC展望(ラップ傾向&予想)2018



過去のラップタイム


2017 12.4-11.2-11.7-12.1-11.4-11.3-10.8-11.3
2016 12.3-10.7-11.1-12.1-11.7-11.7-11.3-11.7
2015 12.3-11.0-12.0-12.4-11.7-11.1-10.8-11.3
2014 12.5-11.0-11.4-11.7-11.2-11.4-10.9-11.3
2013 12.3-10.8-11.0-11.7-11.5-12.1-11.5-11.7
2012 12.1-10.8-11.4-11.9-11.3-11.2-11.8-12.7

過去6年の平均ラップタイム
12.32-10.92-11.43-11.98-11.47-11.47-11.18-11.67
1.32.43




ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

ラップタイムを見ると、前半まずまずの流れから、上り坂で一旦は落ち着き
つつ→仕掛けがかなり早くなる展開。

ここまで全体の流れとしては、スローペースorハイペースという極端な展開が
半々くらいで現れていて、各年の間でラップのバラつきが大きい。
しかしその中でも、ラスト4F(下り坂)の区間ではバラつきが小さく、それは
つまり、"仕掛けの早さ"という部分だけは不変だということ。

したがって、コースの特徴からも、持続力を備えていることを前提として、
(速い馬場で実質的にそれほど負荷が掛からず、終いが落ちないことから)
ある程度末を伸ばせるタイプを中心に考えたい。


好走の条件
・スピード持続力(&決め手)があること




予想

今開催はエアレーション入りの馬場。これは昨年はなかった部分。
それ程に下が硬くなっていた…ということなのかも知れない。

ともかく、その影響はしっかりありそうで、土曜の競馬を見ると、時計は
出ているものの差し馬が台頭していて、しっかりとした決め手を発揮出来る
タイプの好走が目立っていた。
その点、昨年のイメージとは少し異なった考え方をしておきたい。

◎エアスピネル
基本はメリハリがついた方がいい馬なので、京都よりも東京というイメージは
変わってないが、さすがにここでは地力で上。
昨年と比べて、おそらくパワーが重要になり、その中でしっかりした決め手が
問われる…という状況もプラスで、前進は十分あっていいはず。
大人気だが、やはり推したい。(唯一、積極的過ぎると…差されるかも)

○サングレーザー
単純にマイルCSのパフォーマンスは高く、ここでは当然上位。
その時は、この馬が直線に入って横にスライドしたのに対して、上位2頭は
全くロスなく真っ直ぐに力を使っていて、その分最後伸び負けたイメージ。
(それがなくても、地力ではまだまだ負けていただろうが…)
強い相手より斤量を背負う厳しい条件だが、好走は普通にして来るはず。

▲ブラックムーン
決め手という点では普通に上位の存在で、少なくとも昨年の馬場と比べれば、
この手のタイプでも浮上する可能性がある状況なのは確か。
位置取りが結局決まってしまっていて、(極端に馬場が悪い)マイルCSでも
交わせなかった馬がいる訳なので、それらの上に立つ計算にはどうやっても
ならないが、今回に関しては敢えて上げてみたい。

注ヤングマンパワー
昨年ここでは3着。ミドルペースくらいで入れることが絶対条件だが、それ
さえクリア出来れば、道中の水準に関わらず、しっかりとした決め手を発揮
出来て、その点で、はっきりと前哨戦向きなタイプ。
当然ここは力を出せていいタイミングだが、昨年とは馬場が違うので、あまり
積極的に行き過ぎると厳しくなる可能性もある。少しでも控える選択なら。

△モズアスコット
阪神Cの内容は単純に強いし、前走も、内先行有利な状況で外からしっかりと
浮上して、力は示した。
当然ここでも、地力で浮上は出来て良さそうだが、純粋に決め手ということで
考えると、マイル中心に走って来た馬たちと比べて現状では少し分が悪そう。
とりあえずここは相手候補の1頭までにしたい。

△ロジクライ
大きくゆったりしたイメージながら、前走では時計的にも32秒台に突入。
平均的に脚を使いつつ→上がりをまとめられるタイプで、本来はこの条件には
ピッタリはまっていい。
ただこのメンバーだと、引っ張ることになる可能性もあり、今の馬場ではそれ
だけで大きなマイナスだし、決め手という点でもやや分が悪い。相手まで。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事