2018年8月24日金曜日

2018年8月18~19日 小倉ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※北九州記念の簡単な回顧記載
土曜2R ダノンチェイサー
土曜10R メイショウロセツ
土曜11R ケルティックソード
土曜12R レディバード
日曜8R ミスズフリオーソ、ダンサクドゥーロ
日曜10R タニノフランケル
日曜11R ラブカンプー

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R

ダノンチェイサー
後半長い脚が問われる展開。最後まで全く落とさない内容。持続力。

3R


4R


5R


6R


7R


8R


9R


10R

メイショウロセツ
道中締まって→かなり長い脚が問われる展開。ある程度好位からしっかり
押し通した内容。持続力示した。

11R

道中ビッシリ→最後は崩れた。完全に差し有利。
ケルティックソードは、好位から攻めた内容で→粘り込み。巻き返し候補。

12R

レディバード
初芝。かなりのハイペースを好位から押し通す。最後も落とさない。地力。


日曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R

道中極端に締まった展開。前から進め→後ろに5馬身差をつけて押し通した
ミスズフリオーソ(減量分はあるが)、ダンサクドゥーロは強い内容。

9R


10R

タニノフランケル
道中高い水準で進めつつ→上がりでもう1段加速しての押し切り。
地力&スピード性能の高さ示した。1度マイルでも見てみたい。

11R


馬場速いが、久しぶりに32秒台前半で入ったハイペース→持久力勝負。
差し優勢。
アレスバローズは、中団インでじっくり→直線も内寄りを抜けた内容で、
展開&条件にはまった部分もあるが(&好騎乗)、斤量を背負う方の
立場になっての勝利には、やはり一定の価値はありそう。
ラブカンプーは、厳しい流れを好位から→しっかり粘り込み。地力。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事