2018年8月27日月曜日

2018年8月25・26日 新潟ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
土曜1R クィーンユニバンス、ブラックアンバー
土曜9R タイキフェルヴール、ショーム
土曜12R セイウンリリシイ
日曜6R アストラサンタン
日曜10R ワンスインナムーン
※新潟2歳Sの簡単な回顧あり

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R

超ハイペース戦。高い持久力が問われた。
好位からしっかり押し通したクィーンユニバンスはかなり強い内容。
距離短縮でも面白いかも知れない。
ブラックアンバーもある程度高いポジションからのなだれ込み。まずまず。

2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R


9R

かなり水準高い展開。そこから上がりも平均並みに落とさず。ハイレベル。
タイキフェルヴールは、休み明けで厳しい展開をしっかり押し通した。
単純に強い内容。惰性効く。延長はあり。
ショームはキビキビした走り。大きな走りをする相手には"惰性力"の部分で
分が悪かった印象。距離延長よりは短縮方向かも。

10R


11R


12R

セイウンリリシイ
ハイペースで逃げて→直線もしっかり。4馬身差の完勝。
斤量50kgというケチはつくが、地力示した。


日曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R

アストラサンタン
厳しいペースで逃げて→粘り込み。地力示した。

7R


8R


9R


10R

ワンスインナムーン
綺麗に平均を上回るラップで逃げて→しっかり押し切り。地力。
レベル差のあり過ぎるメンバー構成だが、水準は十分高く、上位は素直に
認めたいところ。

11R


落ち着いた流れからの→切れ勝負。1頭が離して逃げる形になったことで、
(それを追い掛ける意識が働いて)後続はワンテンポ早い仕掛けに。
その分、ラスト1Fは粘り勝負に近い性質になった。
"性能"と"脚の使い所"というレース。特別に肯定は出来ないが、反対に強く
否定する必要もないはず。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事