2019年8月11日日曜日

関屋記念展望(ラップ傾向&予想)2019



まとめ
  • 前半はミドルペースだが、道中高い水準から→しっかり加速する展開。
  • 一定の持久力は必要。
  • 切れ&末脚(トップスピード)の持続力が問われる。
  • 予想◎ハーレムライン

過去のラップタイム

2018 12.4-10.6-11.2-11.5-11.5-11.2-11.0-12.2
2017 12.4-11.1-11.7-11.4-11.3-11.1-11.0-12.2
2016 12.5-11.1-10.8-11.3-11.4-11.9-10.8-12.0
2015 13.2-11.5-11.7-11.5-11.4-11.2-10.7-11.4
2014 12.6-10.9-11.4-11.6-11.6-11.5-10.8-12.1
2013 12.3-10.7-11.5-11.7-11.7-11.8-10.8-12.0
2012 12.2-10.9-11.9-12.0-11.7-11.1-10.4-11.3
2011 12.5-10.5-11.5-11.7-11.6-11.8-10.9-12.1
2010 12.7-11.3-12.2-12.0-11.5-10.6-10.3-12.3
2009 12.2-10.8-11.6-12.3-12.1-11.3-10.7-11.7

過去10年の平均ラップタイム
12.50-10.94-11.55-11.70-11.58-11.35-10.74-11.93
1.32.29




ラップ傾向

(過去記事のごく一部修正)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は緩むという
程ではないものの形としては一旦落ち着く展開となり、直線でしっかり加速して
上がりはある程度速くなる。

ここでは、舞台のイメージ通りにやはり切れがあって、上がりの性能そのものが
高い…ということがまずは重要で、展開頼りではなく、自ら押し進んで行ける
ようなタイプが中心になることは間違いない。

ただし、道中の水準自体はイメージ以上に高くなっていて、単純に上がりのみに
注目するというよりかは、追走部分で(脚を使わされないで)楽に進められる
だけの持久力を備えている…という点も重視しておきたい。


好走する条件
・一定の持久力は必要
・切れ&末脚(トップスピード)の持続力があること



予想


◎ハーレムライン
同舞台の前走は、前半からある程度流れに乗りつつ、自身は道中を高い水準で
進めて→しっかりとした決め手を発揮しての勝利。単純に、それまでとは一線を
画した、かなりのハイパフォーマンスだった。
その内容を持ち出せば、ここでも普通に上位扱いになるし、今回もそれなりの
ポジションは取りつつも、スタートでは無理せずに→後半を意識した騎乗なら、
可能性は十分にあっていいはず。
また少し間隔は空いたが、ほとんどスルーされた人気。ここは狙ってみたい。

○ミエノサクシード
ヴィクトリアマイル&中京記念は、道中~上がりで高いパフォーマンスを発揮
して→まずまずの浮上。地力はやはり上位。
勝ち上がりはこの舞台で、しっかりとした決め手を発揮した経験もあるタイプ
だし、単純にここは展開1つ…というイメージ。
前半でもう少し流れに乗れるタイプなら…という部分で、頭までは結局推し切れ
なかったのだが、相手には当然考えたい。

▲ミッキーグローリー
マイルCSは、結果的に内枠3頭で決まった中で、終始外寄りから進めつつ→
4角は大外を回しての浮上。
京成杯AHでも、道中~上がりで高いパフォーマンスを発揮しているし、単純に
ここでは格上…という可能性もありそう。
かなり間隔が空いたので、いきなりでどの程度出来るのか?というのはやはり
あるが、状態が問題なければ頭まで考えたい。

注ソーグリッタリング
前々走は、締まった展開の中で、道中を高い水準で進めつつ→上がりをしっかり
まとめて勝利。前走は、結局前は交わせてないが一応決め手を発揮して3着。
それらの合わせ技で考えれば、とりあえずここの展開はこなせそう。
トップスピードの部分で上げ切れるか?というのはあるが、今回は前走ほどの
スローにはさすがにならないだろうし、ある程度高い位置取りから→攻める内容
ならば、地力で何とかなっても良さそう。注目はしたい。

△オールフォーラヴ
前走&前々走は、道中~上がりで高いパフォーマンスを発揮して勝利。それらで
示した地力で考えれば、とりあえずここでも上位には扱える。
少し細かい走りをして、決め手には限界がありそうなタイプではあるので、最後
上げ切れるか?というのはあるが、好位から早めにアドバンテージが取れれば、
粘り込める可能性はあっていいはず。
ディープ×キンカメの馬。ここで頑張らなきゃ…という場面。応援はしたい。

△サラキア
(超の付く)持続力を発揮した青島特別での勝利と、決め手勝負のローズSでの
浮上。それらの合わせ技で、適性的にはここはこなせても良さそう。
↑の馬たちが示しているパフォーマンスと比較すると、地力の部分でどこまで?
というのはあるが、馬格がそれ程ないタイプ的に、軽いスピードを活かせるこの
季節でこそ…というのはある。
(特に展開が落ち着くようなら)とりあえず可能性としては考えてみたい。

☆ケイデンスコール
この舞台で重賞勝ち。決め手の部分では確かなものがあるし、可能性としては
当然浮上も考えられる。
しかし現状では、(特に道中の)水準の部分でどこまで?というのがあって、
中京記念でのカテドラルと同様(上位2頭には裏付けがあった)、とりあえず
ここは試金石な見方をしておきたい。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事