2019年8月18日日曜日

北九州記念展望(ラップ傾向&予想)2019



まとめ
  • 前半が相当に速くなり、ほぼ一直線に減速していく展開。
  • 高い持久力が問われる。
  • 予想◎アンヴァル

過去のラップタイム

2018 11.6-10.2-10.6-11.2-11.3-11.7 32.4-34.2
2017 11.7-10.0-11.1-11.5-11.2-12.0 32.8-34.7
2016 11.9-10.7-11.0-11.3-11.5-12.1 33.6-34.9
2015 11.7-10.2-10.8-11.2-11.9-11.5 32.7-34.6
2014 11.7-10.5-10.9-11.1-11.2-12.1 33.1-34.4
2013 11.6-10.0-10.6-11.1-11.5-11.9 32.2-34.5
2012 11.6-10.1-10.5-11.3-11.6-11.8 32.2-34.7
2011 11.8-10.0-10.6-11.1-11.4-12.3 32.4-34.8
2010 11.6-10.0-10.5-11.2-11.5-12.3 32.1-35.0
2009 11.8-10.3-10.6-11.3-11.4-12.1 32.7-34.8

過去10年の平均ラップタイム
11.70-10.20-10.72-11.23-11.45-11.98
1.07.28 32.62-34.66




ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムを見てみると、前半が相当に速くなり、2F目以降はほとんど
一直線に減速していくような展開で、勝負所で少しだけ踏ん張りつつも、ラスト
1Fはかなり落ちる形。

ここの特徴はやはり前半の速さで、例外も一応あるものの、前後半の差が2秒を
超えるような前傾の展開がまずは基本だと言える。

したがってここでは、ハイペースをしっかり追走できて、終いの部分を粘れる
高い持久力を持っていることが必要で、脚質的にはどうしても差し馬が中心に
なってきそう。

※傾向としてはまだはっきりとは言い切れないが、馬場の作り方の変化で、
脚質が少し前の方にシフトしている印象はある。そこはもう少し観察したい。


好走する条件
・高い持久力があること



予想


◎アンヴァル
前走は半年の休み明けで、見るからに苦しそうな追走。勝負所でもポジションを
落として、厳しくなったと思いきや→最後しっかりと詰めての2着。
"持久力"という方向性の馬ではあるが、改めて終いの強さを示した格好。
昨年ここでは10着だったが、あまり上手くいっていなかった時期ではあるし、
スタート直後に左右から挟まれたり、スムーズさを欠いた競馬だった。
元々勝ち上がりは小倉2歳S当日のこの舞台で、重賞よりも好タイム、尚且つ
ラブカンプーを下したところからの馬。本来適性は合うはず。期待してみたい。

○アレスバローズ
昨年はここで勝利。前半のハイペースに引っ張られつつ→上がりをしっかりと
まとめた格好で、そのパフォーマンスで考えれば、当然上位扱いになる。
今年は57.5kgの斤量になったが、前走で一応克服しているし、そのCBC賞の
データを見る限り、(着順もそうだが)内容的にもちゃんと戻って来ている。
今年も内枠を引いて、昨年&前走と同じことをするだけ…という雰囲気だし、
これだけ甘い人気ならば、むしろ積極的な評価にしておきたい。

▲カラクレナイ
カーバンクルSは、モズスーパーフレアにスピードで押し通されてしまっては
いるが、厳しい流れの中で自身も高いパフォーマンスを発揮。
その内容を考えれば、とりあえずはここでも上位扱いができる。
絶対的なスピードの部分でどこまで?というのは少しあるが、元々他力本願的な
ところがあり、引っ張られてこそ…というタイプなので、ここの展開は合うし、
中山よりも押し通すのが難しい小倉なら、むしろこちら…という感覚。

注ディアンドル
ペース耐性という点では、ここの水準に対する裏付けはない。
それでも5連勝の中には前傾、後傾、イーブンと、様々な展開が含まれていて、
とりあえず適性的な穴は現状ではない…という扱い。
推し切れないまでも下げられない厄介な存在で、一応どちらに転んでも問題ない
という意味の「注」評価にして、ここはじっくりと観察したい感覚。

△ファンタジスト
前半を受け流すことでスプリングSまでは何とかなっても、本番では少し足り
なくなった…という近走。とりあえずは、「おかえり」ということでいいはず。
この舞台では小倉2歳Sの勝利があり、当然適性はあるし、厳しいペースを受け
流す…という部分では、長い距離を使ってきた経験が活きる可能性もある。
いきなりペースが変わる点など、不安は少しあるが、相手には当然考えたい。

△ミラアイトーン
レース映像などからは、雰囲気たっぷり…という印象だし、単純に強い…という
可能性も当然ある。
しかし、小倉6Fの勝利もペースは33秒台後半だし、この馬自身33秒台で入った
経験が1度もないというのは…。ましてやモズスーパーフレアがいる今回は、
位置取り次第では32秒台での追走すら求められる可能性もある。大丈夫か。

△モズスーパーフレア
パフォーマンス的には、カーバンクルS&オーシャンSのハイレベルな内容が
あって、単純な数字の比較では当然上位(と言うか上)。
しかしここは、逃げ切りなんて基本的にないレース。
例えば中山との比較で、前半で坂を下る点は同じでも、小倉は3~4角も下る
ためか、勝負所手前で溜めが入りづらい。ちょっとやり過ぎになるかも…。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事