2012年11月11日日曜日

エリザベス女王杯展望 2012


予想
おそらくレジェンドブルーがハナに立ちそうだが、この馬は締めつけるのでは
なく溜めてこそ…という逃げ馬だし、その鞍上が「スロー逃げ→溜め→切れ」が
得意な藤岡佑J。
さらにその直後にいそうなスマートシルエット、ヴィルシーナに関しても基本は
溜めるタイプの先行馬なので、速くなりそうな雰囲気を全く感じない…。

したがって前半の部分はペースが落ち着くとして、その後に関しては、絶対的な
人気馬が好位にいるレースではあるので、道中~勝負所で全く動かない…という
のも考えにくい。
という訳で、どの馬か積極的に仕掛けることを念頭に、スロー→ロングスパート
気味の展開というのを想定しておきたい。


◎フミノイマージン
前走の厳しい展開を勝負所攻めた内容でしっかり浮上したことで、やはり持久力
という点でも高い評価をして良さそう。
…ということは、個人的に純粋な持久力の問題?と思った昨年の負けに関しては
単に溜め殺しただけ…という結論になり、昨年3番手評価で、それより評価した
馬がいないのならば、今年は当然本命に推したくなる。
前半が落ち着けばちょうど良い位置取りにもなりそうだし、鞍上には"色気"を
前面に押し出した騎乗を期待したい。

○ヴィルシーナ
前傾の桜花賞、フラットなオークス、上がり勝負の秋華賞で2着しているように
どんな展開でも崩れていないし、地力は確実に高いものを持っている。
ただ唯一連対を外した黄菊賞、最大着差で負けたオークス…この2戦で共通して
いるのは完全に持続型の展開という部分で、それを考えると、この舞台では単勝
1倍台になる程の絶対的な存在とは言いづらい…。
感覚的には、あくまで勝ち負け候補の1頭という扱いに止めたい。

▲レインボーダリア
地力は高いが、切れ負けすることが多くて出世が遅れた馬だが、昨年も上位には
しっかり顔を出しているように、持久力という部分で一通り淘汰されるこの舞台
ならば、自然と着順は上がるイメージ。
また前走では、これまでにないような決め手を発揮してして、仮にペースが落ち
着いてもある程度は対応できそうな雰囲気。積極的な競馬を期待したい。

注ホエールキャプチャ
基本的に溜め→切れというタイプで、京都のジワジワ伸びる形が本質的に合って
いる訳ではない。
それでも格(純粋な持久力)の部分ではやはり上位の馬だし、今回ペースが落ち
着く可能性を考えると、勝ち負け近くには普通にいそうなイメージ。
1度叩いて状態がしっかり戻っていれば。

△オールザットジャズ
どちらかと言うとゆったりしたイメージの馬で、スピードとか決め手で勝負する
よりかは、持久力で勝負した方が良さが出そうで、ここは前進が期待できる。
昨年は大きく負けているが、明らかに控え過ぎて、4コーナーでも大外を回した
内容だったのでほとんど参考外。
時計が掛かる馬場になるならば更に浮上の可能性は高まりそう。

△マイネジャンヌ
厳しい展開でも好位から良く粘っていたり、最後までしっかり脚を残していたり
して、地力と持続力は十分に感じさせる馬。
好位から粘り込む可能性はあって良さそうだが、走法的にこの舞台に対しては、
もう少しだけゆったりした部分が欲しいイメージで、あと1つ上がりが足りない
…くらいの結果になるのかも知れない。

☆ピクシープリンセス
前々走→前走で距離延長しても、パフォーマンス的にはほとんど同等の内容を
示していて、一応持久力は感じさせる。
ただしここでの好走のためには、あと1つ上がりが物足りない…という印象で、
そこそこの着に浮上する…くらいの扱いにしたい。

☆レジェンドブルー
馬場悪化とスロー想定という部分で、粘り込む可能性は一応考えられる。
後続に早めに来られたらその時点でアウトだろうが、そうならなかった場合に、
何かを起こすならばこの馬。期待はしないが、想定外にもしたくない…。





スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。