2012年11月30日金曜日

JCダートの傾向 2012


JCダート過去4年のラップタイム
過去のラップタイムから傾向を探ってみる。

2011(トランセンド:1.50.6)
12.5-10.5-12.8-12.4-12.7-12.3-12.2-12.0-13.2

天候:晴 ダート:良
上り4F:49.7 3F:37.4
前半1000m:60.9
勝ち馬コーナー通過:01-01-01-01
勝ち馬上り3F:37.4


2010(トランセンド:1.48.9)
12.5-10.7-12.7-12.0-12.1-12.3-12.0-11.8-12.8

天候:晴 ダート:稍重
上り4F:48.9 3F:36.6
前半1000m:60.0
勝ち馬コーナー通過:01-01-01-01
勝ち馬上り3F:36.6


2009(エスポワールシチー:1.49.9)
12.5-11.1-12.7-12.5-11.9-12.1-12.4-11.8-12.9

天候:晴 ダート:良
上り4F:49.2 3F:37.1
前半1000m:60.7
勝ち馬コーナー通過:01-01-01-01
勝ち馬上り3F:37.1


2008(カネヒキリ:1.49.2)
12.4-11.2-13.1-11.7-11.8-12.4-12.0-12.1-12.5

天候:晴 ダート:良
上り4F:49.0 3F:36.6
前半1000m:60.2
勝ち馬コーナー通過:05-04-03-05
勝ち馬上り3F:36.4


過去4年の平均ラップタイム
12.48-10.88-12.83-12.15-12.13-12.28-12.15-11.93-12.85
(0.05 -0.33 -0.19 -0.37 -0.40 -0.13 -0.19 -0.15 -0.29)←バラつきの大きさ
1.49.65




傾向(過去記事の一部修正)
条件が替わってまだ4回の開催だが、とりあえず過去の平均ラップタイムを見て
おくと、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、3F目で一旦しっかりと
ラップが落ちる展開、その後向こう正面で一気にペースアップして、そのまま
直線まで速いスピードを維持しつつ、ラスト1Fだけ減速という形。

ここで特徴的なのは、まずは3F目のラップがかなり落ち込むという点で、これは
阪神ダートコースの1~2コーナーがスパイラルカーブを描いており、その性質
として、2コーナー(3F目)の曲がり方がキツくなっているためである。

つまりこの部分でほぼ確実にスピードが削がれるために、このコースには前半が
極端に速くはなりづらい…という特徴があって、それに伴って道中に関しても、
前が敢えて加速しない限りは、緩む可能性も出てくる。
(その点が4F~5F目のバラつきの大きさに表されている)

それでも、さすがにG1のハイレベルなメンバーということで、ラップを見れば
実際のところは"敢えて"加速する格好で、道中は厳しく流れることが多くなって
いるし、そこでのスピードに耐えられることはやはり必要になる。

さらに前半で一旦流れが切れることは、一方で間接的に上がりが速くなる展開に
つながっていて、道中(向こう正面)が厳しい流れになりやすい特徴と合わせて
考えれば、レース後半ではかなり長い脚が問われることになる。

つまりこのレースは、(ダートG1…から想像される)ハイペースからの終いの
粘り勝負というよりも、道中~上がりに掛けての持続力勝負という形が基本だと
言えて、好位~中団あたりからスピードを発揮できる馬に向いている。
(感覚的には芝の小回り中距離戦に近いイメージ)


好走の条件
・道中~上がりで高い持続力を発揮できること








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。