2012年11月11日日曜日

武蔵野S展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.2-11.2-12.0-12.0-11.8-11.4-12.2-12.4
2010 12.3-11.5-12.1-12.3-12.6-12.0-11.8-12.0
2009 12.4-10.7-11.5-12.0-12.2-12.1-12.0-12.6
2008 12.3-10.8-11.6-12.1-12.5-12.3-11.8-12.6
2007 12.7-10.8-11.8-12.1-12.4-12.0-11.7-12.0
2006 12.4-11.2-11.6-11.8-12.0-11.6-12.0-12.7
2005 12.5-10.8-11.2-11.2-11.8-12.1-12.9-12.7
2004 12.2-10.5-11.1-11.8-12.4-12.7-12.1-12.6
2003 12.1-11.1-11.5-11.9-12.2-12.1-12.3-13.0

過去9年のラップタイム
12.34-10.96-11.60-11.91-12.21-12.03-12.09-12.51
1.35.66




傾向(過去記事の一部修正)
過去のラップタイムを見てみると、前半がかなり速く流れていて、その後道中も
なかなかスピードの落ちない展開になり、勝負所ではあまり大きな加速はなくて
基本的に一定のスピードを維持しつつ、ラスト1Fだけは落ちる形。

道中が多少落ち着く年もあり、勝負所である程度切れが必要な展開になることも
あるレースだが、基本的には前半~道中が速い展開を想定していい舞台で、そう
なると、持久力&持続力を備えていることが必須だと言える。

脚質に関してはやはり前半のペースによるところが大きいものの、極端に後ろ
からではさすがに厳しいので、速いペースをある程度好位で受けられるタイプが
有利になっていて、そのためにはやはり地力の高さが必要になる。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎ナムラタイタン
持久力&持続力が高く、しっかり引っ張られるこの舞台にはかなり合っている。
一応レースが発走する時刻には雨はまだ降らない予報になっていて、スピードの
問題も大丈夫そうだし、パワーを活かせるここは勝ち切れても良さそう。
前走"中止"の扱いが微妙だが、馬自身はレースを一応体感した…と信じて。

○ダノンカモン
ここ2走で芝を使った意味は良く分からない…が、同舞台のレースを見直すと、
フェブラリーS、武蔵野S、南部杯と、やはり相当強い内容を示している。
走法的な部分で芝を走った影響とかがなければ、今回も普通に勝ち負けを演じる
可能性が高そう。

▲ストローハット
ハイペースを余裕で浮上して勝ち切ったユニコーンSは単純に強い内容。
JDDはしっかりと負けたが、馬体的にはやはりマイルでスピード(持続力)を
活かした方が良さそうなタイプで、少し間隔は空いているが、ここは巻き返しが
期待できそう。今回特に注目しておきたい馬。

注バーディバーディ
前走は積極的な競馬をして、本来のスピード&地力を活かして勝利した。
逃げるかどうかはともかく、今回も同じようなイメージで乗れば、残る可能性も
やはりありそうだが、その時とは馬場が違うし、休み明けで何かするのには少し
メンバーが揃い過ぎた印象ではある…。

△イジゲン
前走は同舞台で完勝しているが、道中しっかり溜められた形だったので、ここへ
直接的につながるかは微妙。
ただし元々持続力は示していて、それに加えて前走で、前半のスピードの部分を
裏付けたと考えれば、もっと高い評価にする選択肢はあるのかも知れない…。

△シルクフォーチュン
地力は当然上位の馬だが、基本的にパワーというより、しっかりスピード馬場に
なった方がいいタイプだし、今回は上げるタイミングではない…気がする。
とりあえず浮上はするものの、大外を回して届かないイメージ。

△ナムラビクター
地力は相当高い馬だと思うが、ここではどうしてもスピードの問題がありそう。
(イメージを覆し)発走していきなり高い位置取りにいる…とかがあるようなら
勝ち切る可能性まであるが、基本ここは静観して、距離延長で狙いたい感覚。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事