2012年11月24日土曜日

京阪杯展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.5-11.1-11.0-11.1-11.0-11.4 34.6-33.5
2010 12.2-10.7-11.0-11.0-11.5-11.6 33.9-34.1
2009 12.0-10.4-10.7-11.1-11.4-12.0 33.1-34.5
2008 12.5-10.8-10.9-10.8-11.4-11.7 34.2-33.9
2007 12.3-10.6-10.9-11.2-10.9-12.0 33.8-34.1
2006 12.3-10.9-11.0-11.1-11.2-11.8 34.2-34.1

過去6年のラップタイム
12.30-10.75-10.92-11.05-11.23-11.75
1.08.00 33.97-34.03




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見れば、スタート直後はそれ程速くはならないものの、道中は
かなり速いペースを保って流れていて、ラスト1Fだけ少しラップが落ちる形で、
全体としては前後半イーブンに近い展開。

この流れで問われるのは、何と言ってもスピード持続力で、ハイペース持久力
勝負を地力の高さで浮上するタイプよりも、(切れを発揮できるなど)純粋に
スピード性能の高いタイプの馬に向いている。

実際かなり速い流れになった09年も含めて、過去馬券に絡んだ馬で前傾の内容を
示しているのはサンアディユのみで(それも33.9-34.0というコンマ1だけ)、
他はイーブンもしくは完全に後傾の内容を示しており、とにかくここでは速い
上がりが使えることを重視したい。


好走の条件
・スピード持続力があること


予想

◎サドンストーム
常に速い上がりは示していたが、前走で前傾の展開になって漸く勝ち切った。
この馬の場合は、単純に間に合うかどうか…というだけなので、イーブンに近い
展開が基本のここも、しっかり引っ張る馬が揃っている今回に関しては、確実に
浮上が見込めそうな雰囲気。期待したい。

○マコトナワラタナ
(北九州記念ほどに引っ張られなければ)もう少し前半から脚を使っても大丈夫
だと思うが、近走は決め手はしっかり発揮しつつも、大体が届かない位置取りで
進めて負けていて、それが今回、乗り替わりで少しでも改善されれば。
それがなくても、開催が進んで決め手を活かしやすい状況にもなっている。

▲テイエムオオタカ
速いスピードにも耐えられて、溜め→切れも発揮できるタイプなので、ペースが
どちらに転んでも対応は可能で、ここは普通に粘り込めるはず。
ただしマイペースから究極決め手を発揮できそうな差し馬に対してはどうしても
不利になりそうで、勝ち切るところまでは少しイメージしづらい。

注エーシンホワイティ
決め手に関してはかなりのものを持っているし、ペースや位置取りに対しては
我関せず…に上がりに集中できる京都はやはり得意。
最終週で前がスピードだけで押し切れる馬場ではないし、メンバーは揃っている
ものの、浮上する可能性は十分あっていいはず。

△ハクサンムーン
前走は明らかに飛ばし過ぎ…の内容で、ここは巻き返しに期待したい場面だし、
上がりの脚はしっかりあって、イーブンペースくらいで行ければ押し通す力は
もちろんあるが、今回はテイエムオオタカとパドトロワという強力な競合相手が
いるので、どうしても前半で無理をしてしまいそう…。半信半疑。

☆パドトロワ
地力は当然上の馬で、今年はアイビスSDやキーンランドCでしっかり持続力を
発揮しているのだが、速い上がりが問われる…までの条件になると結局不安。
元々適性的に微妙な条件で、斤量も1頭58kgを背負うというのでは、やはり切れ
負けの可能性が高くなりそう。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事