2013年2月17日日曜日

小倉大賞典展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.3-11.6-12.0-11.5-11.4-11.6-11.7-11.9-12.3
2011 12.2-10.9-11.9-11.7-11.7-11.7-11.6-11.8-11.8
2010 12.1-10.7-12.0-11.8-11.7-11.8-12.3-12.3-12.5(中京開催)
2009 12.4-10.5-12.1-11.7-11.7-11.6-11.7-11.4-11.8
2008 12.2-11.4-12.2-11.9-12.1-12.0-11.8-11.9-12.2
2007 12.4-11.4-11.7-11.9-11.5-11.9-12.3-11.9-11.8
2006 12.4-11.4-12.2-12.3-12.0-11.7-11.8-11.5-11.9
2005 12.5-11.2-11.7-11.8-11.9-12.0-11.6-11.9-11.8
2004 12.6-12.2-12.9-12.2-12.0-11.7-11.5-11.9-12.1
2003 12.2-11.8-12.1-12.0-11.6-11.8-12.4-12.5-12.7

過去10年の平均ラップタイム(2010年は除く)
12.36-11.38-12.09-11.89-11.77-11.78-11.82-11.86-12.04
1.46.98




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、道中は全く淀みのない展開で、
そのまま終いまで一定に近いスピードを維持する形。

ここの特徴は、やはり道中がかなり締まった形になるという部分で、基本的には
息を抜ける瞬間がないために、レースを通して持続する力を持っていることが
まずは重要になる。

そして特に近年は、馬場の良さによってラストまでほとんどスピードが落ちない
ような展開になるために、以前のような持続力+粘り勝負より、純粋なスピード
持続力勝負という性質の方が強くなっていて、他力本願的な地力差しタイプでは
少し厳しくなるかも知れない。


好走する条件
・レースを通しての持続力があること


予想
何となく今の馬場は、締まった流れで内先行が残り、ゆったりと流れて外差しが
決まる…というおかしな状況に見えるが、おそらく後者は、切れ味勝負になれば
4角でブレーキが掛かる内の馬を、スムーズに回れる外の馬が上回る構図。

つまりまともな上がり勝負にでもならない限りは、単純に開幕してまだ間のない
芝が生え揃った状態…というだけで、基本的には、前者の内先行有利な馬場だと
考えていいはず。

今回のメンバーだと、後者の切れ勝負になってしまう可能性がないでもないが、
このレース自体、今までにまともに緩んだことはないし、前半はともかく道中は
何かしらが仕掛けて、やはりある程度締まった展開になる…と想定したい。

◎マルカボルト
中距離のフラットな展開で短い時間集中した方がいいタイプなので、とりあえず
距離短縮することはプラス。
その方向で言えば、近いところでディセンバーSでは、道中で相当に脚を使う形
からでも僅差の2着している訳だし、裏付けとしても十分。ここは期待できる。

○パッションダンス
地力面での裏付けとしては正直物足りないものがあるが、再度山特別で締まった
展開を押し切っていたり、適性そのものは合っていそうだし、最内枠の利を活か
して粘り込む可能性はあって良さそう。
少し人気し過ぎな印象ではあるが、ここは一応上位評価にしてみたい。

▲ダローネガ
同舞台・小倉日経OPの勝ち切りはやはり大きな裏付けになるし、内容的にも
ここと同等のレベルで走れていて、当然期待してみたい存在。
とにかくこの馬は「ラスト1Fで覚醒する」タイプで、その瞬間頭まで届く位置に
いることが重要。鞍上に先行する意思があるかどうかだけ。そこが悩ましい…。

注ダイワズーム
締まった展開のオークスでも、最後しっかりと伸び切っていたりして、持続力は
十分に示している。
実力的に現状でこのメンバー相手ではどうか…とも思うが、軽斤量で、内をロス
なく回ってこられれば、ある程度浮上する可能性も一応考えられる。

△ダコール
前走は外を回した時点でダメ…という馬場だったので、とりあえず度外視。
タイプ的に、道中~上がりでの持続力は示しているし、ここの展開には対応可能
だが、前半の溜めが必要なだけに、今の馬場で大外を回していて届くかどうか。
内をスルスル浮上…とかがあれば。

△ゲシュタルト
前走は、直線でカットされてからは止めているので、とりあえずは度外視可能。
タイプ的に、小倉なら2000mで、もう少しゆったり走った方がいいとは思うが、
持続力自体はしっかり示している馬だし、叩き2走目の上積み込みで考えれば、
浮上の可能性もあって良さそう。

☆エクスペディション
とりあえずは、小倉記念の持続勝負を勝ち切っているのだから、ここも当然注目
しておきたい存在にはなる。
ただし前走で全く何も出来なかったところから、2走目で状態がしっかり戻って
いれば…というのが大前提。可能性としては一応考えたい。

☆ミッキードリーム
本来はこの手の条件は得意なはずの馬で、好位から強引にでも押し切る可能性を
考えたいところではある。
ただし現状では、状態が実際どうなのか?という部分はあるので、とりあえずは
パドックで、軸がしっかりしているかどうか…という点を確認したい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。