2013年2月10日日曜日

共同通信杯展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.9-11.9-12.5-12.8-12.5-12.1-10.9-11.0-11.7
2011 13.1-11.5-12.2-12.4-12.4-12.5-11.3-11.1-12.0
2010 12.8-11.1-12.3-12.8-12.6-12.4-11.7-11.2-11.3
2009 12.4-11.5-11.7-12.2-12.6-12.0-11.6-11.6-11.7
2008 12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
2007 13.1-11.4-11.4-11.7-12.5-12.9-11.7-11.2-11.8
2006 13.0-11.5-11.5-12.2-12.8-12.6-11.7-11.4-11.7
2005 12.9-11.4-11.4-12.0-12.3-12.4-11.9-11.3-12.2
2004 12.6-11.4-12.1-12.7-12.1-12.3-11.3-11.5-11.4

過去9年の平均ラップタイム
12.81-11.37-11.77-12.30-12.50-12.47-11.59-11.31-11.80
1.47.91




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペースくらいで流れ、道中は一旦しっかり
緩んで、ラスト3Fから一気に加速する形の上がり勝負。

以前のこのレースは、向こう正面の長さから展開が緩むまでに少し時間が掛かる
という格好で、前半~道中である程度引っ張られる形が多かったのだが、近年は
ペースがかなり落ち着いて、純粋に上がりの性能が問われる戦いになっている。
(もちろん道中で無駄脚使わないという意味で、一定の持久力を備えていた方が
有利と言えば有利)

また上がりの部分では最後までラップがあまり落ちないので、3Fしっかりと速い
スピードを刻む必要があって、勝負所での切れに加えて末脚の持続力を持って
いることも重要になる。


好走する条件
・切れ&持続力が必要


予想

◎ゴットフリート
軸がしっかりしているイメージで、決め手という部分でも問題がない。
単純にここは、能力で何とでもなりそうな雰囲気があって、変に差しにこだわる
競馬…とかがなく、正攻法で戦えば普通に結果はついてきそう。
その意味では、外国人Jというのは信頼感が増す印象。期待したい。

○マイネルストラーノ
脚質転換前は速い上がりもしっかり示していた馬だし、単純なパフォーマンス
比較で言えば、人気のマンボネフューの寒竹賞よりも、この馬のホープフルS。
今の馬場で、最近の展開が落ち着きがちな雰囲気…ならば、好位から粘り込む
可能性もあっていいはず。注目したい。

▲メイケイペガスター
単純に"切れ"だけであればナンバーワンかも…と思える馬。
前走のようにスタートが微妙であったり、後方からの競馬で外を回すことになる
懸念もあったりするが、乗り替わりで内~中を突いて浮上…という可能性も少し
見えてきたことだし、ここは少し注目してみたい感覚。

注ラウンドワールド
展開に依らず、常に一定以上の上がりは繰り出していて、決め手という意味では
問題はないし、当然有力な存在ではある。
それでも一瞬の加速という部分には(個人的に)今のところ少し懸念があって、
展開によっては間に合わない可能性…は一応考慮しておきたい。

△クロスボウ
大型で色々と時間が掛かるタイプ的には、広いコースに替わること自体はプラス
だし、真っ直ぐ走ればパフォーマンスはもっと上がりそうなイメージ。
ただし今は悠長に外を回していて何とかなるような馬場ではないので、どこまで
浮上できるものか…微妙。

△トウシンモンステラ
前走は浮上し切れてはいないが、内容としてはなかなかというパフォーマンス。
これ!という主張点がないので、強く推すところまではいかないが、上手く内を
突くとかがあれば、上位に食い込む可能性はあってもいいはず。





スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。